決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

マガジン

  • web3事例データベース

    web3の最新事例を日本語で分かりやすく、かつ、皆さんのお仕事で利用しやすい形(Googleスプレッドシート・Googleスライド)で提供するサービスです。

  • 【法人用・転送可】決算が読めるようになるマガジン

    「決算が読めるようになるマガジン」と同内容の法人用です。転送・回し読みしたい方向けです(社内限定)。

  • 決算が読めるようになるマガジン

    初月無料!日米のネット企業(上場企業)を中心に、決算を読み解き、明日から役立つ知識をお届けします。

  • しば談

    ネット業界の方をゲストにお迎えしての対談・インタビュー

  • シバタナオキの決算実況

    • 40本

    ■時事ニュースが読めるようになる動画チャネル https://www.youtube.com/channel/UCDSq68VpxcnElKjAvQ6j0bQ シリコンバレー・日本の最新のニュースの解説を通じて、ビジネスマン・ビジネスウーマンが時事ニュースを読めるようになるお手伝いができれば幸いです。 ■ホストの紹介 解説者: シバタナオキ 決算が読めるようになるノート https://irnote.com/ MC: 三浦茜 プロダクトハンターあかねのネタ帳 https://www.facebook.com/producthunterakane/

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる (スマート新書)

    シバタ ナオキ
  • 商品画像

    MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

    シバタナオキ

記事一覧

ソフトバンクも4,000億円以上を投資したNVIDIAはなぜ「謎のAI半導体メーカー」と呼ばれるのか?

先週、NVIDIA(「エヌビディア」と読みます)関連で興味深いニュースが2つ出ました。 一つ目はソフトバンクがNVIDIAの株式を約4,000億円分マーケットで買い付けて第4位の…

500

「ツケ払い」の成長率を推定してみたら超が付くほど意外な結果に!?

ZOZOTOWNを提供する株式会社スタートトゥデイのツケ払いに関する続報です。 今年3月には、スタートトゥディとしては1年半ぶりのTVCMで「ツケ払い」を題材に大量投下して…

500

未だにYoY+20%以上の成長を続けるGoogle・Amazonの多角化戦略

既に決算報道でご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、アメリカではGoogleやAmazonといった巨大企業が、YoY+20%以上の成長を続けています。 GoogleやAmazonと言…

スナップチャットの上場後初の決算発表で投資家が落胆した3つの理由

スナップチャットの上場後、初めての決算が公開されました。 売り上げは、YoY +285%の$150m(約150億円)でした。 前年同期比でこれだけ売り上げが伸びているにも関わらず…

500

「増収増益」の呪縛から解き放たれたヤフーの成長シナリオを読み解く

今日は日本のヤフーの2017年1月から3月期の決算を見てみたいと思います。 *ヤフー株式会社2016年度通期および第4四半期決算説明会(2017/4/26) 2016年4月から2017年3月ま…

500

月間ユーザー8億人超えのWeChatから学ぶ「イノベーションのジレンマ」の克服方法

「On Growing: 7 Lessons from the Story of WeChat」という素晴らしい記事があったので、この記事の内容からWeChatの成長の秘訣を勉強しつつ、超大企業の中で「イノベーシ…

ソフトバンクも4,000億円以上を投資したNVIDIAはなぜ「謎のAI半導体メーカー」と呼ばれるのか?

ソフトバンクも4,000億円以上を投資したNVIDIAはなぜ「謎のAI半導体メーカー」と呼ばれるのか?

先週、NVIDIA(「エヌビディア」と読みます)関連で興味深いニュースが2つ出ました。

一つ目はソフトバンクがNVIDIAの株式を約4,000億円分マーケットで買い付けて第4位の株主になったというニュースです。

ソフトバンクは「ビジョン・ファンド」発表の際、NVIDIA株式を保有していることを公表したが、その保有率は約4.9%で第4位の大株主であり、金額は40億ドルだとBloombergが報

もっとみる
「ツケ払い」の成長率を推定してみたら超が付くほど意外な結果に!?

「ツケ払い」の成長率を推定してみたら超が付くほど意外な結果に!?

ZOZOTOWNを提供する株式会社スタートトゥデイのツケ払いに関する続報です。

今年3月には、スタートトゥディとしては1年半ぶりのTVCMで「ツケ払い」を題材に大量投下していたようですが、その効果はあったのでしょうか。

はじめに2017年1月から3月期の決算を詳しく見てみます。

*株式会社スタートトゥディ 2017年3月期 通期決算説明会資料

商品取扱高は前年同期比+34.6%の640億

もっとみる
未だにYoY+20%以上の成長を続けるGoogle・Amazonの多角化戦略

未だにYoY+20%以上の成長を続けるGoogle・Amazonの多角化戦略

既に決算報道でご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、アメリカではGoogleやAmazonといった巨大企業が、YoY+20%以上の成長を続けています。

GoogleやAmazonと言った規模になると、既に売上規模が相当大きいため、2桁成長でさえも大変なレベルかと思います。そんな中でもYoY+20%以上の成長を続けるこの2社は、特別にすごいと言わざるを得ません。

今回のnoteでは、Go

もっとみる
スナップチャットの上場後初の決算発表で投資家が落胆した3つの理由

スナップチャットの上場後初の決算発表で投資家が落胆した3つの理由

スナップチャットの上場後、初めての決算が公開されました。

売り上げは、YoY +285%の$150m(約150億円)でした。

前年同期比でこれだけ売り上げが伸びているにも関わらず、株価が約20%もダウンするほど、投資家を落胆させてしまう決算となりました。

今回のnoteでは、一体どの点で投資家が満足出来なかったのか、その理由を3つに分けて、少し深く掘り下げてみたいと思います。

スナップチャ

もっとみる
「増収増益」の呪縛から解き放たれたヤフーの成長シナリオを読み解く

「増収増益」の呪縛から解き放たれたヤフーの成長シナリオを読み解く

今日は日本のヤフーの2017年1月から3月期の決算を見てみたいと思います。

*ヤフー株式会社2016年度通期および第4四半期決算説明会(2017/4/26)

2016年4月から2017年3月までの通期で見ると、売上高は前年同期比+30.9%の8,537億円となりました。

一方で通期の営業利益は、前年の2,249億円に対して14.6%減の1,920億円でした。

つまり通年で増収減益という

もっとみる
月間ユーザー8億人超えのWeChatから学ぶ「イノベーションのジレンマ」の克服方法

月間ユーザー8億人超えのWeChatから学ぶ「イノベーションのジレンマ」の克服方法

「On Growing: 7 Lessons from the Story of WeChat」という素晴らしい記事があったので、この記事の内容からWeChatの成長の秘訣を勉強しつつ、超大企業の中で「イノベーションのジレンマ」に打ち勝つヒントを学んでみたいと思います。

WeChatとは、中国版LINEとも呼べるメッセージングアプリで、テンセントという企業が提供しています。

2016年末時点で

もっとみる