マガジンのカバー画像

決算が読めるようになるマガジン

初月無料!日米のネット企業(上場企業)を中心に、決算を読み解き、明日から役立つ知識をお届けします。
毎月、4〜8本程度の有料ノートをお届けします。月に2本以上読むなら、月額マガジン購読の方がお得です。
¥1,000 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

【決算速報】Q. 将棋AIで知られるHEROZに6期ぶりの最高益予想をもたらす3つの要素とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote 今回、6月14日に決算発表しましたHEROZ株式会社(以下、HEROZ)を取り上げていきたいと思います。 HEROZは、最先端のAI技術を駆使して未来を創り出す日本の革新的な企業です。設立以来、HEROZは「驚きを心に」をコンセプトに、AI技術を用いた様々なサービスを提供してきました。 HEROZが特に注目を浴びたのは、2013

¥500

Q. 海外出店を進める回転寿司のスシロー、海外で最も売上が大きい地域はどこ?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote 今回は、大手回転寿司チェーンのスシローの業績推移と動向を、同じく海外出店を進めるくら寿司と比較して見ていきます。 大手回転寿司チェーン店のスシロー・くら寿司・はま寿司の3社の中では、スシロー・くら寿司が積極的に海外展開しており、出店地域・店舗数を伸ばしています。 特に、スシローは、FY2023時点では海外店舗数135店舗ですが、

¥500

Q. スキマバイトのタイミーが上場承認!競争激化する市場の勝ち筋とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote ---------------------------- 2024年6月21日、スキマバイトサービスを提供する株式会社タイミー(以下、タイミー)の東証グロース市場への上場が承認されました。 タイミーは過去に複数回の大型資金調達をしており、想定時価総額1,200億円超の巨大IPOとなることから、かなり注目されている企業です。 そ

¥500

Q. ファーストリテイリングの第2の柱のジーユー、大きく伸びている理由とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote 今回は、2024年4月11日に決算の発表があったファーストリテイリングのジーユーを中心に見ていきます。 ジーユーといえば、2024年秋に海外初の旗艦店をニューヨークにオープン、同時に米国にオンラインストアを開設することを2024年5月14日に発表したことで、非常に注目を集めました。 ジーユーは、ユニクロを展開するファーストリテイ

¥500

【決算速報】Q. スマレジの営業利益が5.6ptと大幅に改善した理由とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote 国内SaaS企業であるスマレジは、第2次中期経営計画として「ARR*増大計画」を2023年9月に発表しました。事業好調により、2021年策定の「VISION2031」に記載した計画を前倒して達成したため、更新したものです。 *ARR=Annual Recurring Revenue(年次経常収益)ユーザーがサブスクリプション契約でサ

¥500

Q. IPO後も公開価格を維持している企業は⚫︎%?2023年IPO銘柄で徹底分析

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote IPOとは「Initial Public Offering」の略で、企業が自社株式を新規公開・上場することを意味しています。 IPOは通過点に過ぎなくとも、“会社が上場している”ということは一種のステータスであり、資金調達の選択肢が増える・企業信頼度が向上するなどのメリットがあることから、IPOを1つの目標とする企業は少なくないで

¥500

Q. ARR成長率35%超えのタレントパレット、高成長を実現できている理由とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote 今回は、2024年5月15日に決算の発表があったプラスアルファ・コンサルティング(以下、プラスアルファ)を中心に見ていきます。 プラスアルファと言えば、「科学的人事で、大きな組織に、攻めの人事を」をキーワードにしてテレビCMを放映している、タレントマネジメントシステムの「タレントパレット」でご存知の方も多いのではないでしょうか。

¥500

【決算速報】Q.楽楽精算でおなじみのラクスが売上45.7%の成長、驚異的な成長を続ける理由は?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote 国内大手SaaSの一つであるラクスの「楽楽精算」は、インパクトのあるCMで多くの方に印象を残しているのではないでしょうか。国内SaaS大手のサイボウズやマネーフォワードと比較しても、ここ数年の売上・利益いずれも驚異的に伸びています。 特に、広告宣伝費への積極的な投資によりテレビCMが頻繁に放映される一方で、利益もしっかりと確保しな

¥500

【決算速報】Q.AI企業パークシャ、今期予想の上方修正のきっかけは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote これまでAI後進国とされてきた日本ではありますが、人手不足が深刻化していることからも今後のAI活用の需要は大きくなってきており、アメリカのOpenAIもアジア初の拠点を東京に決めました。 日本のAI企業といえば、東大発が思い浮かぶほど多くの東大発AI企業が誕生しています。特に松尾研究室に関わった方々の起業家が多く活躍していて注目を

¥500

Q. ファミレスチェーンで利益率・成長率が高いのはどこ?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote 本日は、ファミリーレストラン(以下、ファミレス)事業を展開する大手3社(すかいらーくグループ・サイゼリヤ・ロイヤルホールディングス)の決算をもとに、利益率と成長率が高い企業について解説します。 ファミレスは日本全国に多種多様なブランドがあるため、多くの方にとって馴染み深い外食産業の1つで、家族で頻繁に利用されている方も多いのではな

¥500

Q. 牛丼チェーン3社の徹底分析!好調な決算を発表した吉野家の成長戦略とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote 本日は、多くの方になじみ深い外食産業である”牛丼チェーン”について分析しました。 日本全国、低価格で食べられる吉野家やすき家などの牛丼チェーンを日常的に利用している方も多いと思います。 ただ、大手牛丼チェーンである吉野家(運営: 吉野家HD)・すき家(運営: ゼンショーHD)・松屋(運営: 松屋フーズHD)の3社において、最も業

¥500

Q. 過去最高益のサイボウズ、好調を支える3つの要因とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote 今回は、2024年2月27日に発表されたサイボウズの2023年12月期の決算について、解説・深掘りしていきます。 サイボウズといえば、2023年10月から放映されている「ノーコードで業務アプリをつくろう」をテーマにしたkintoneのテレビCMでご存知の方も多いのではないでしょうか。 2022年12月期(2022年1月〜12月、

¥500

Q. ABEMA投資以来初のメディア事業黒字化を支えた立役者とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote これまでサイバーエージェントはABEMAを成長事業と位置づけ、積極的な投資を続けており、ABEMAを含むメディア事業の営業利益は大幅な赤字が続いていました。 この積極投資の姿勢は継続しているにも関わらず、先日の同社の決算にてメディア事業は、ABEMAへの積極投資以来初の四半期黒字化を達成しました。 ABEMA単体での黒字化はまだ

¥500

Q. 一般消費者の味方100円ショップの中で収益性が高いのはどこ?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。 Twitter: https://twitter.com/irnote 本日は、日本全国に100円ショップを展開する、大手4社(ダイソー・キャンドゥ・セリア・ワッツ)の決算を比較して、最も収益性が高い企業を紹介します。 食料品や生活用品など、日常のあらゆる商品の物価高が続く中、100円前後で安価に購入できる100円ショップは消費者の味方と言えるでしょう。 類似のビジネスモデルを展開する企業のため、「

¥500