決算が読めるようになるマガジン

2016年に使いはじめて「これがない世界に後戻りできない」と思えたサービス5選

2016年に使いはじめて「これがない世界に後戻りできない」と思えたサービス5選

もうすぐ2016年が終わろうとしていますが、皆さんにとって2016年はどんな年だったでしょうか? 今日のnoteでは私が2016年に個人的に使い始めて、もう「これが無い世界に後戻りできない」と感じたサービスを5つ紹介したいと思います。 あくまで私の個人的な主観に基づくものですが、テクノロジー業界の最先端のサービスをたくさん使っている方だと思うので、もしかしたら皆さんの参考になるかもしれません。 いくつかのサービスはアメリカだけで提供されているものもあります。 インター

スキ
25
有料
500
「コツコツ型」のM&Aで着実に成長する2社: じげんとメタップス

「コツコツ型」のM&Aで着実に成長する2社: じげんとメタップス

ネット業界でM&Aと言えば「成長」を買う、というケースを想定される方が多いのではないかと思います。 過去のソフトバンクや楽天のM&Aの事例を見ても、買収時のスタートアップの売上や利益に比べて非常に高い価格で買収しているケースが多々あります。 ライブドアショック以前のライブドア社も同じようなM&Aを非常に多く行っていた印象がありますし、昨今なにかと話題のキュレーションメディアのMERY、iemoをDeNAが2014年に買収した金額は2社で50億円と言われており、明らかに「成

スキ
22
有料
500
食べログの伸びしろは「●●●」にあり

食べログの伸びしろは「●●●」にあり

今日は食べログについて2016年7月-9月期の決算を見てみたいと思います。 Rettyなどの追い上げもあり、また色々な騒動もありましたが、食べログは非常に順調に成長しています。 月間のユニークユーザー数で見ると、YoY+10.8%、売上で見るとYoY+19.6%と非常に大きく成長しています。 ただ既に月間で7,000万ユーザーが使っているサービスでもあり、これからの伸びしろはどこにあるのかというのを疑問に思う人は少なくないかもしれません。 そこで今日は食べログの伸びし

スキ
22
有料
500
アプリ内課金で平均いくら使っているかをご存知ですか?

アプリ内課金で平均いくら使っているかをご存知ですか?

今日のノートはスマホのアプリの課金戦略について考えたいと思います。 スマホのアプリが登場した当時は課金といえば有料アプリでしたが、最近ではフリートゥプレイと言われるアプリ内課金が主要な課金手段となっています。 アプリ内課金の市場規模は2015年に$14b(約1兆4000億円)だったものが、2017年までには$37b(約3兆7000億円)になるといわれています。 今日のnoteでは、AppsFlyer社のデータをもとにアプリ内課金の戦略について考えてみたいと思います。

スキ
19
有料
500