【web3事例DB】4/20更新の注目事例(フォートナイト運営Epic Gamesの20億ドル調達等)
見出し画像

【web3事例DB】4/20更新の注目事例(フォートナイト運営Epic Gamesの20億ドル調達等)

決算が読めるようになるノート

2022年4月よりサービスを開始している「web3事例データベース」の4/20分の更新情報をお届けします。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$10M(約10億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、4/20更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

4/20の更新情報

4/20の更新分では、以下の19の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。

  1. EPNS:  $10,100,000

  2. Context:  $19,500,000

  3. Dnfs:  $13,500,000

  4. FLUID:  $10,000,000

  5. Civitas:  $20,000,000

  6. Nomad:  $22,000,000

  7. Circle:  $400,000,000

  8. BloXroute Labs:  $70,000,000

  9. GENIES:  $150,000,000

  10. Voyager Innovations:  $210,000,000

  11. Epic Games:  $2,000,000,000

  12. Zenith Chain: $35,000,000

  13. CertiK: $88,000,000

  14. Community Gaming: $16,000,000

  15. Improbable: $150,000,000

  16. The Fabricant: $14,000,000

  17. JAN3: $21,000,000

  18. Iskra: $34,000,000

  19. Unifimoney: $10,000,000

みなさんご存知のフォートナイト運営のEpic Gamesが20億ドル(約2,000億円)の超大型調達を果たしています。

また、ステーブルコインのUSDCの発行を主導しているCircleも4億ドル(約400億円)と、こちらもかなりの大規模な調達となっています。

4/20更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

CertiK(ブロックチェーンのサイバーセキュリティ)

https://www.certik.com/

CertiKは、フォーマル検証技術とAI監査技術を活用し、ブロックチェーンのコード内の脆弱性をモニタリングする「SkyNet」を提供している企業です。近年大きな課題となっているブロックチェーンに対するハッキングや暗号通貨の盗難への対策として注目されています。

Circle (米国ドル連動型のステーブルコイン発行)

https://www.circle.com/en/

Circleは、Coinbase社と共同で設立したコンソーシアム「CENTRE」を通じて、米国ドルに連動するステーブルコインUSDCを発行しています。ステーブルコインとは、法定通貨に価値が連動しているトークンのことです。

Circleは、SPAC上場することでも注目されています。現在のバリュエーションは$9B(約9,000億円)と注目度が伺えます。

web3事例データベースをご購入いただけると、上記の事例の詳細や、その他にもこのようなweb3関連で資金調達を行った注目の企業やプロジェクトの最新情報を毎週更新でタイムリーにウォッチすることができます。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!


この続きをみるには

この続き: 457文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 1 / 1

【web3事例DB】4/20更新の注目事例(フォートナイト運営Epic Gamesの20億ドル調達等)

決算が読めるようになるノート

50,000円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
決算が読めるようになるノート
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。