見出し画像

シバタへのお仕事依頼方法をついに公開!

実は過去数年の間、ほとんど日本に行かない生活(年1回の帰省のみ)をしていたのですが、今年は頑張って少しずつ日本に行くようにしています。やっぱりたまに東京行くと楽しいなぁと強く感じています。

一方で、僕にとっての日本に行くことの最大の問題は、日本に行かなければならない理由が、(美味しい日本食を食べたいという以外は)実はあまりないことなんです(笑)。日本での仕事がゼロな訳ではないのですが、わざわざ行かなくても対応できるものが殆どでした。

オンラインで事足りてきたということもありますが、実はこれまで講演やイベント参加などはお断りしてきました。

これまで講演を受けて来なかったのは、時間がないというのも理由の一つなのですが、「自分の時間を売る」という行為がどうも好きになれず、値段交渉とかも面倒だし、まぁいいかと思って一切受けないことにしていました。

しかし、やっぱり東京に行くと楽しいので、いろいろ考えた結果、この方法であればもっと日本行けるようになるのではないか?と思いついたので、是非フィードバックをください。

名付けて....

「アメリカから日本への交通費を負担すると、半日(4時間)シバタを自由に使えます」


シバタに依頼できること

基本的には、連続した4時間限定でシバタがお受けしても良いと思えるものであれば、何でもアリです。

例えば、↓のようなものであれば、お受けできると思います。

・企業経営・事業戦略などの相談に乗ること
・著書「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」に関する講演
・著書「テクノロジーの地政学」に関する講演
・(事前準備が全く必要ない、パネルディスカッション・審査員などの)イベント登壇

懇親会などへの参加も(合計で4時間以内に収まるなら)可能です。


お受けできないこと

偉そうに思われたくないのですが、期待値コントロールのためにも「原則お受け出来ないこと」を以下で書いておきます。

・事前準備が必要なお仕事
 (例: カスタマイズが必要な講演や事前準備が必要な事業内容や経営に関するレポート作成。)
・社内・社外を含めてメディアに掲載されるお仕事
 (外部に公開されるメディア掲載は原則NGです。社内メディアであればケース・バイ・ケースで判断させてください)


いくらかかるの?

アメリカからの飛行機代+1週間のホテル代の「実費」のみ負担をお願いします。それ以外の「謝礼」「報酬」等は一切不要です。

「アメリカからの飛行機代+1週間のホテル代」の目安(2019年時点)はこんなイメージです。(時期に依りますので、金額はあくまで目安だとご理解ください。)

エコノミークラス: 約30万円
プレミアムエコノミークラス: 約50万円
ビジネスクラス: 約70万円

エコノミーでも大丈夫ですが、それ以上をオファーしてくださる場合は、ありがたく受け取らせていただきます。


よくある質問と回答

Q1: なぜ「無報酬・実費のみ」なの?

A1: 個人的な好みの問題なのですが、自分の時間を売る仕事があまり得意でないのと、1件ずつ報酬の交渉をするのが手間なので「実費のみ」とさせていただこうと思っています。


Q2: どのくらいの頻度で日本に来るの?どのくらい前に申し込めばいい?

A2: 2〜3ヶ月に1度のペース(年4〜6回)で日本に行きたいと思っています。
予定は前もって立てたいので、遅くても1ヶ月以上前に予定が決まるのが嬉しいです。(早ければ早い方が嬉しいです。)
早いもの勝ちなので、ご希望の方はお早めにご相談ください。


Q3: 自社だけで「実費」を全額負担できないので、一部だけ負担というのは可能ですか?

A3: 複数社で分割してのご依頼は、シバタ側の調整コストが大きくなりすぎるので、ご遠慮ください。
しかし、以下の条件が満たされていれば複数社でのご依頼も、もちろんOKです。
・シバタとやり取りする窓口が一つになっていること(複数社の調整を依頼者様側でしてくださる場合)
・複数社の依頼時間が連続した4時間になっていること(同じ場所で2時間ずつ、移動時間を含めて4時間、1つの講演の費用を複数社で按分など)


Q4: 複数回(あるいは定期的に)申し込むことも可能ですか?

A4: 内容にもよりますが(毎回、実費をご負担いただけるという前提であれば)原則、可能です。


Q5: 顧問や社外取締役として、より頻繁に話をすることは可能ですか?

A5: 割とよく頂戴するご依頼なのですが...
原則として、顧問、アドバイザー、社外取締役などはお受けしていません。
しかしながら、シバタが好きそうな事業や相談内容であればお受けできる場合もありますので、ご相談ください。
お受けできる場合は現金報酬ではなく、株式報酬(ストックオプションなど)のみでお受けしています。
ご依頼をお受けした場合でも、日本で会議に参加する際には前述の実費のご負担をお願いします。


Q6: 地方(東京以外)にも呼べますか?

A6: ケース・バイ・ケースなのでご相談ください。
実費として東京から地方への交通費などは別途ご負担いただくことになります。
ご飯が美味しい場所だと行きたくなりやすいです。食べ物に弱いです笑。


Q7: エコノミークラスでアメリカから来てもらうのが申し訳ないのですが...

A7: シバタはケチなのでエコノミークラスでも全く問題ありませんが、それ以上をご提供くださる場合、ありがたく頂戴します。


お申し込み・ご相談方法

以下のフォームからお申し込みやご相談をお送りください。

お申し込み、ご相談、もっとこうしたら依頼しやすいなどのフィードバックもお待ちしております。


----------------------------

新着記事を(無料で)LINEへお届けします。以下のリンクからLINEで友達登録してください。
https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

「テクノロジーの地政学」好評発売中!

「決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる」好評発売中!

「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」好評発売中!

1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定の「有料マガジン」もあります。是非ご覧ください。

気に入ってくださった方は、↓から「スキ」「フォロー」してください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
24

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。