決算が読めるようになるノート
【書評】2021年の年末年始にオススメの5冊(+1冊オマケ)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【書評】2021年の年末年始にオススメの5冊(+1冊オマケ)

決算が読めるようになるノート

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote

----------------------------

2021年~2022年の年末年始は、曜日の組み合わせが良いこともあり、長い連休になる方も多いのではないでしょうか。

コロナがまだ続いていることもあり、外出を躊躇する方もいらっしゃる方もいると思います。

そんな皆さんに今日は、今年読んだ本の中から、面白かった5冊の書評を書いてみます。

普段の仕事から少し離れ、視野を広げるために勉強をしてみたいという方に、おすすめの本をご紹介します。

第5位: NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来

画像1

5位は、NFTの仕組みや実例を解説した教科書です。

まだ実感が無い方も多いかもしれませんが、2022年は「Web3」が大きなトレンドになることは間違いありません。

そのWeb3の中でも、最初のアプリケーションとして既に実績が出てきたNFTの仕組みを分かりやすく解説しているのが本書です。

Web3は、スマホの登場以来の大きな新産業になるかもしれません。その波に乗り遅れたくない人にとっては年末年始の必読書でしょう。

購入はこちらから


第4位: 起業の天才! 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

画像2

起業ブームが来るずっと前に創業され、今では最も成功したネットベンチャーであるリクルートの創業者・江副浩正氏に関しての本です。

リクルート事件という残念な事件で表舞台から姿を消した同氏ですが、彼の思想は今のリクルートにも引き継がれていると言えるでしょう。

ソフトバンクや楽天よりもずっと前に創業され、今でも急成長を続けるリクルートの原点を理解できる良書です。

購入はこちらから


第3位: インスタグラム:野望の果ての真実

画像3

もはや若者の間で人気No.1のSNSとも言えるインスグラム。

そんなインスタグラムがどのような経緯で創業され、Facebookの買収に至るまでどのように成長し、Facebookグループの中での葛藤を乗り越えて今に至るのか内情がよく分かる一冊です。

世界水準の急成長スタートアップの中で、どのようなことが起こるのかを覗いてみたい人におすすめの一冊です。

購入はこちらから


第2位: 失敗を語ろう。「わからないことだらけ」を突き進んだ僕らが学んだこと

画像4

マネーフォワードの創業者・社長が自ら執筆した一冊です。

成功だけではなく、失敗も正直に、一人称で書かれており、あれだけ大成功している企業であっても、多くの失敗を乗り越えてきているということがよく理解できます。

失敗が続いていて自分に自信を失いかけている人にこそ、おすすめできる一冊です。マネーフォワードでもこれだけの失敗をしているのですから、我々レベルの失敗でめげる必要はない、と元気を貰える一冊です。

購入はこちらから


第1位: 嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか

画像5

中日監督時代の落合監督の厳しくもあり、愛もあるマネジメントの舞台裏を描いた一冊です。

決して戦力が豊富だったとは言えないチームを常勝軍団に育て上げた彼のマネジメントがよく理解できるだけでなく、プロ野球チームの内部における親会社との確執がどのように起こっているのかというドラマも垣間見れます。

勝負にこだわりたい人、勝つためには何が必要なのかを学びたい人に最適な一冊だと言えるでしょう。

購入はこちらから


番外編: ゴルフ データ革命

画像6

番外編は、ゴルフデータ革命です。

コロナ禍で真面目にゴルフを始めた私にとって、教科書とも言えるのがこの本です。

ゴルフのスコアを本気で改善しようとする場合に、どのように考えて、何をどこから改善していけばいいのかを教えてくれるのがこの本です。

まだ100が切れないと嘆いている方から70台を目指したいと考えている人まで、スコアにこだわりたい人には必須の一冊です。

購入はこちらから


以上、年末年始にお勧めの6冊をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

せっかくの長期休暇なのでリラックスすることももちろん大事ですが、新年に向けてキックスタートができるように、しっかり頭のリフレッシュと充電もしていただければと思います。

では、新年もどうぞよろしくお願いいたします。


画像7

▼新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
・Twitter: https://twitter.com/irnote

▼その他SNS
Instagram:決算をグラフで分かりやすく発信しています。
YouTube:シバタがMCと共に決算を読み解きます。

▼執筆書籍(好評発売中!)
「テクノロジーの地政学」
「決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる」
「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」

▼お得なマガジン
1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される「有料マガジン」もあります。月に2本以上の有料noteを読むならこちらがお得です。是非ご覧ください。

気に入ってくださった方は、↓から「スキ」「フォロー」してください!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
決算が読めるようになるノート
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。