見出し画像

Q. 主要ネット広告代理店6社の次の戦略における共通点とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:各社の戦略は、一見バラバラに見えますが、今後のネット広告におけるビジネス領域について考えると共通点が見えてきます。

電通によると、2022年の国内インターネット広告の市場規模は3兆912億円(YoY+14.3%)と、初めて3兆円という市場規模に達したものの、2021年の成長率YoY+21.4%から約7pt低下しています。

参考:2022年 日本の広告費

本日は、そんなインターネット広告市場の中で主要企業と考えられる以下の6社の今後の事業戦略の共通点を紹介します。

(1)サイバーエージェント
(2)セプテーニ・ホールディングス(以下、セプテーニ)
(3)アドウェイズ
(4)デジタルホールディングス
(5)ジーニー
(6)ユナイテッド

各社の広告事業の事業戦略はどのようなものなのか、その共通点とは何なのか、読者の皆様もぜひ考えながら読み進めてください。


主要ネット広告代理店の売上・売上成長率

各社の最新決算(2023年7-9月)の売上成長率を見ると、サイバーエージェントとジーニーは2桁成長を記録しているものの、マイナス成長の企業もあり、全体的に成長率は停滞しています。

また、売上はサイバーエージェントが1,040億円と圧倒的に高いです。ただ、これはサイバーエージェントが広告売上の手数料収益だけでなく、広告主の広告予算(広告費の原価と広告代理店に支払う手数料を合算した、いわゆるグロス金額)を売上計上している影響が含まれます。詳細について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

次に、各社の営業利益を見ると、サイバーエージェントが45億円で最も大きく、次いでセプテーニ、ジーニーと続きます。

一方で、営業利益率はジーニーが33.69%と最も高く、サイバーエージェントは4.32%と控えめな水準です。サイバーエージェントの営業利益率が低いのは、先述のグロス金額での売上計上を行っていることで、他社と比較して売上に対する営業利益が相対的に低くなるためです。

ここまで、主要ネット広告代理店6社の売上・営業利益について整理してきました。次章からはネット広告の将来を見据えた各社の事業戦略を順番に見ていき、共通点を解説します。

この記事は、インターネット広告事業に従事している方や企業の成長戦略に関心がある方におすすめの内容となっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 主要ネット広告代理店6社の次の戦略における共通点とは?の答え
・サイバーエージェント: ●●と●●
・セプテーニ: ●●連携による●●統合
・アドウェイズ: ●●の改善
・デジタルホールディングス: ●●×●●の開拓
・ユナイテッド: 広告事業の利益を●●へ投資
・ジーニー: 急成長中の●●の収益化
・まとめ


ここから先は

3,485字 / 12画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!