見出し画像

【web3事例DB】5/14更新: ゼロ知識証明を活用したマルチチェーン取引インフラ zkLink、確率スマートコントラクトを使用したプロトコルFARE等

昨年よりサービスを開始している「web3事例データベース」の2023/5/14分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$1M(約1億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。

また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、5/14更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

5/14の更新情報

今週の更新分では、以下の9件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • zkLink: $10,000,000(5/5)

  • OpenTrade: $1,500,000(5/5)

  • Portals: $2,000,000(5/4)

  • Credibly Neutral: $5,500,000(5/3)

  • Fedi: $17,000,000(5/3)

  • Nolus: $2,500,000(5/2)

  • Tangem: $8,000,000(5/2)

  • FARE: $6,200,000(5/1)

  • Entendre Finance: $4,000,000(4/30)

今日もこの中から2件、注目のプロジェクトをご紹介します。

5/14更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

ゼロ知識証明を活用したマルチチェーン取引インフラ zkLink

zkLinkは、zk-SNARKs(ブロックチェーン技術と組み合わせて利用できるタイプのゼロ知識証明)を利用して安全性が確保されたマルチチェーン取引インフラです。

マルチチェーンZK-Rollupインフラの上に、さまざまな分散型アプリケーションに対応するための一連のAPI駆動型のユースケースも提供しています。

確率スマートコントラクトを使用したプロトコル  FARE

FAREは、開発者に「FARE コントラクト」を作成し、ユーザーはそれらのコントラクトにFAREを展開することができます。

このコントラクトは、確率変数に基づく透過的なオンチェーンイベントによってトリガーされる確率スマートコントラクトに基づいて構築されている

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

ここから先は

471字

¥ 50,000 (数量限定:残り 1 / 1)

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!