決算が読めるようになるノート
【web3】Q. メタバース上の土地を販売するといくらになる?
見出し画像

【web3】Q. メタバース上の土地を販売するといくらになる?

決算が読めるようになるノート

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote

----------------------------

A. 「Otherside」というプロジェクトのケースでは、土地を得ることができるNFTを販売し、約370億円を調達しました。

今回は、web3とメタバースの融合で、非常に特徴的なケースが出てきたので取り上げたいと思います。

「Otherside」は、Yuga Labsが進めているメタバースプロジェクトで、同社にとってはNFTのBAYC以来最大規模のプロダクトとなる。Yuga Labsは30日の土曜日、Otherside内における土地の区画を証明する55,000のNFTを販売。

Yuga Labsが進めていた「Otherside」というプロジェクトが、メタバース空間上の土地の所有権を証明するNFTを販売しました。


Othersideプロジェクトとは?


画像1

Othersideプロジェクトとは、メタバース空間上に、新たな土地を作っていくプロジェクトで、以前流行ったセカンドライフに似ているコンセプトだと理解しておけば良いかと思います。

画像2

メタバース上の土地を20万区画に分け、その所有権をNFTとして販売するという試みで、今回は20万区画のうち10万区画分がNFTとして販売されました。

残りの10万区画分は、今後Othersideプロジェクトの開発に貢献していくメンバーに付与される予定となっています。

There will be a total of 200,000 Otherdeeds. The first 100,000 Otherdeeds are available on April 30, 2022. The second 100,000 Otherdeeds will be exclusively rewarded to Voyagers who hold Otherdeeds and contribute to the development of Otherside.

画像3

今回リリースされることになった10万区画分ですが、正確には5.5万区画分がNFTとして販売されます。

残りの4.5万区画分の内訳ですが、1万区画分はBAYC(Yuga Labsが発行する猿をモチーフにしたNFT)を保有しているユーザーに、2万区画分はMAYC(BAYCの派生版のNFT)を保有しているユーザーに、残りの1.5万区画分がOthersideを作る開発者に提供されることになります。

イメージとしては、30%分がプロジェクトの創設に携わった創業者たちに配布され、15%分がストックオプションのようにプロジェクトを開発してくれるエンジニアたちに配布され、残りの55%分が一般のNFT購入者に付与されるというインセンティブ設計になっています。

さらに、今回リリースされた10万区画分と全く同じ分を、将来プロジェクトに貢献してくれる人にも付与できるというインセンティブ設計になっています。

通常の株式会社のストックオプションなどと比べるとメンバーへの配布分がかなり大きくなっており、経済的なインセンティブをメンバーに与えられる設計になっていると言えるのではないでしょうか。


Othersideプロジェクトが調達した金額は?

The mint price was 305 ApeCoin, worth about $5,800 at the time of mint. It brought in 16.7 million ApeCoin ($317 million), making it a record-setting NFT mint. A mint is a public offering in which NFTs are sold through a smart contract on a blockchain like Ethereum.

今回の新規NFT販売においては、「ApeCoin」という彼ら独自のトークンが使われました。1区画を購入するのに305コインが必要だったため、今回のNFT販売でOthersideプロジェクトは約$317million(約370億円)調達したことになります。

NFTとして販売されているので、Openseaでセカンダリーの売買も行われています。

画像4

現在所有者が約34万人おり、フロアプライス(最低落札価格)が3.49 ETH となっているので、発行時の価格よりもかなり価格が上がっていると言えるのではないでしょうか。


今回のOthersideのNFT販売で特徴的だったのは?

今回のNFT販売で特徴的だった点をいくつか整理してみましょう。

The NFTs will give buyers rights to claim land in the Otherside metaverse, a blockchain-based virtual world being developed by Yuga Labs — creator of popular Bored Ape Yacht Club (BAYC) and Mutant Ape Yacht Club (MAYC) NFT collections.

一つ目は、メタバース空間とは言え、土地の所有権利を証明するNFTというユニークなNFTを販売した点が挙げられるでしょう。

The buyers had to pass a Know Your Customer (KYC) verification and had their crypto wallets pre-approved on the project's website.

二つ目は、事前にKYC認証(本人確認)を終えたユーザーでなければ購入できなかったという点です。

暗号資産と言うと匿名で誰でも保有できるというイメージがあるかもしれませんが、販売する NFTによってはこのようにKYC認証を必要とする場合もあります。

According to Otherside's official Twitter account, investors scooped up all the NFTs in an offering that accepted only ApeCoin cryptocurrency.

三つ目は、独自のトークンであるApeCoinでしか購入できなかったという点です。


今回のOthersideのNFT販売で明らかになったweb3の課題とは?

一方で、今回のNFT販売で明らかになった課題もいくつかあります。

今回の仮想空間の土地の売買に伴うイーサリアムネットワークの取引手数料(「ガス代」と呼ばれる」総額は、24時間で1億7600万ドル(約229億円)に達した。

引用:Yuga Labs、メタバースの土地販売で約370億円──ガス代は229億円

ここに書かれているように、SIMネットワークの取引手数料がとても大きくなり、調達した金額と同じ桁まで到達してしまいました。

On Twitter, Ethereum developer Foobar critiqued Yuga Labs for writing a smart contract that was not optimized for gas wars.

Commenting on the gas war, Yuga Labs said the Otherside metaverse may be looking to migrate away from Ethereum to its own Layer 1 blockchain to improve scalability.

引用:Otherside land NFTs sell out in hours as Yuga Labs rakes in $317 million

ガス代の高騰に対して、Yuga Labsは謝罪文を公開。「過去最大規模のNFT発行となったことから、実際に費やされたガスは予想を大幅に超える結果となった」とコメントしました。

今後はApeCoinをイーサリアムネットワークではなく、独自のブロックチェーンに移行していくことも検討すると発表されています。


今回の記事はいかがでしたでしょうか。

まだ始めたばかりのマガジンなので、皆さんからのフィードバックを沢山お待ちしています。コメント欄やTwitter等でコメントをお待ちしています。

他にも、こんなテーマ・トピックを扱ってほしいなどのご要望も、ぜひTwitterでコメントいただければ嬉しいです。

2022年4月より、「web3事例データベース」を開始しています。web3プロジェクトの調達情報、カオスマップ、事例集を週次更新で提供しています。web3の最新トレンドをいち早くキャッチしたい方は、以下のnoteより詳細をご確認ください。


過去のweb3事例集

画像5

▼新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
・Twitter: https://twitter.com/irnote

▼その他SNS
Instagram:決算をグラフで分かりやすく発信しています。
YouTube:シバタがMCと共に決算を読み解きます。

▼執筆書籍(好評発売中!)
「テクノロジーの地政学」
「決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる」
「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」

▼お得なマガジン
1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される「有料マガジン」もあります。月に2本以上の有料noteを読むならこちらがお得です。是非ご覧ください。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
決算が読めるようになるノート
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。