見出し画像

書評「メタバースとWeb3」

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote

----------------------------

今日は、私も最近注目しているweb3関連の最新の一冊「メタバースとWeb3」についての書評を書いてみたいと思う。

本書の書評の前に、著者である國光氏について言及しておきたい。

國光氏は、2021年9月に設立したgumi cryptos capitalを通じて、世界最大級のNFTプラットフォームであるOpenSeaなどのweb3トップ企業のいくつかに投資をしてきた。

本書は、web3というバズワードが産まれる前から、web3企業に投資をしてきた先駆者によって書かれたということを最初に覚えておいて損はないと思う。

暗号通貨・NFT・DAOといった専門用語が複数出てくるweb3の世界だが、本書ではそれらの歴史的な背景も含めて、今からweb3の世界に飛び込むために最新情報をキャッチアップしたい読者に最適な一冊だ。

画像1

(本書より抜粋)

この図にあるように、著者ならではの理解を平易な言葉で、web2までの世界しか知らない読者でも理解しやすいように書かれている。

画像2

(本書より抜粋)

本書がユニークな点は、web3とメタバースという一見すると全く関係ないように見える2つのトレンドが、これからどのように交差していくのかを解説してくれている点でもある。


本書の読み進め方

web3やメタバースの基本から学びたい人は1章から順番に読んでいくのが良いと思う。2章ではメタバース、3章ではweb3についての詳細解説がある。

歴史や解説よりも先に事例を見たい人は、5章から読むのが一番ワクワクする。

メタバースとweb3がどのように交わっていくのかを詳しく知りたい人は、4章から読み進めるのがおすすめだ。


これからweb3やメタバースの世界に飛び込むための予備知識を最短で学びたい人にオススメしたい一冊だ。

画像3

▼新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
・Twitter: https://twitter.com/irnote

▼その他SNS
Instagram:決算をグラフで分かりやすく発信しています。
YouTube:シバタがMCと共に決算を読み解きます。

▼執筆書籍(好評発売中!)
「テクノロジーの地政学」
「決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる」
「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」

▼お得なマガジン
1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される「有料マガジン」もあります。月に2本以上の有料noteを読むならこちらがお得です。是非ご覧ください。

気に入ってくださった方は、↓から「スキ」「フォロー」してください!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!