見出し画像

【web3事例DB】5/21更新: NFTコレクションPudgy Penguins、web3開発者向けプラットフォーム Airstack等

昨年よりサービスを開始している「web3事例データベース」の5/21分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$1M(約1億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。

また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、5/21更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

5/21の更新情報

今週の更新分では、以下の11件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Parex: $6,500,000(5/13)

  • Artizen Fund for Human Creativity: $2,200,000(5/12)

  • Cookbook: $2,000,000(5/12)

  • The Game Company: $5,000,000(5/12)

  • Odsy Network Foundation: $7,500,000(5/11)

  • Lavita AI: $5,000,000(5/11)

  • Pudgy Penguins: $9,000,000(5/10)

  • Outlet Blockworks: $12,000,000(5/9)

  • Artifact Labs: $3,250,000(5/9)

  • Webb Protocol: $7,000,000(5/8)

  • Vibe Labs: $4,000,000(5/5)

今日もこの中から2件、注目のプロジェクトをご紹介します。

5/21更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

NFTコレクション Pudgy Penguins

Pudgy Penguinsは、8,888種類のペンギンの絵で構成されたNFTコレクションです。

PFP(プロフィール画像)系のNFTとして、2021年7月にイーサリアム上で発行され、ローンチ後から長らく下落傾向にありましたが、2022年4月にロサンゼルスのweb3起業家LUCA NETZ氏が同コレクションのIP(知的財産)を買収し、取引価格は高騰しています。

web3開発者向けプラットフォーム Airstack

Airstackは、開発者向けにオンチェーンおよびオフチェーンのデータをあらゆるアプリケーションに統合するためのAPIを提供しています。

分散型金融 (DeFi)ポートフォリオ・オプティマイザー、顧客リソース管理ツール、分散型ソーシャル・メッセージングアプリケーション等の多岐に亘るプロジェクトにこのプラットフォームを使用しています。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

ここから先は

471字

¥ 50,000 (数量限定:残り 1 / 1)

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!