見出し画像

Q.2期連続で黒字のウェルスナビ、営業利益が大きく伸びた理由とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:2期連続で黒字のウェルスナビが営業利益が大きく伸びた理由は、以下の3つ。

#1 ⚫️⚫️を圧縮し、⚫️⚫️を効率化
#2 ⚫️⚫️がYoY+32.5%と大きく成長
#3 ⚫️⚫️が大きい⚫️⚫️割合の増加

今回は、2024年2月14日に発表されたウェルスナビの2023年通期決算について、解説・深掘りしていきます。

今回のウェルスナビの決算発表では、2024年第4四半期単体だと赤字でしたが、通期でみると2期連続で黒字を達成しました。

2023年第1四半期も赤字転落していたウェルスナビですが、最終的には2023年12月期(2023年1月〜12月、以降省略)で見ると、営業利益は5.2億円、YoY+149.5%と大きく伸びています。

今回の記事では、前半に直近のウェルスナビの業績を解説し、記事の後半では、各オンライン証券会社の預かり資産等を解説をした上で、ウェルスナビの営業利益が大きく伸びた理由を考察していきます。


ウェルスナビが2期連続で通期黒字を達成

上図は、ウェルスナビの業績推移です。

2023年12月期の営業収益は、81.6億円、YoY+24.2%と右肩上がりで伸びています。

同時期の営業利益は、5.2億円、YoY+149.5%と営業収益を大きく超える伸びです。

同時に2022年12月期(2022年1月〜12月)に続いての2期連続での黒字となっており、ビジネスが安定して収益を生み出す事業になってきたと言えるでしょう。

ここまでは、直近のウェルスナビの業績を解説してきました。

ここから記事の後半では、各オンライン証券会社の預かり資産等を解説をした上で、ウェルスナビの営業利益が大きく伸びた理由を考察していきます。

この記事は、証券業界に従事している方や事業戦略に関心がある方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 2期連続で黒字のウェルスナビ、営業利益が大きく伸びた理由とは?の答え
・ウェルスナビのビジネスモデル
・オンライン証券会社各社の預かり資産
・NISAの運用者数も順調に増加
・理由#1 ⚫️⚫️を圧縮し、⚫️⚫️を効率化
・理由#2 ⚫️⚫️がYoY+32.5%と大きく成長
・理由#3 預かり資産が大きい⚫️⚫️割合の増加
・今後のウェルスナビの動向は?
・まとめ


ここから先は

4,425字 / 13画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!