見出し画像

アリババのクラウド事業がAWSみたいなバケモノになりつつある件

今日は、世界最大のEコマースマーケットプレイス、アリババのクラウド事業について、詳しく見てみたいと思います。 

クラウド事業といえば、AmazonのAWSを思い浮かべる方も多いかと思いますが、AWSに相当するものが、アリババの、アリババクラウドと呼ばれる事業です。

 

オリンピックのワールドクラウドサービスパートナーにもなり、アリババが積極的に投資をしている分野です。サービス内容的には、AmazonのAWSとほとんど同じものが主要なサービスとして提供されていますが、アリババクラウドは、中国や東南アジアでシェアを伸ばしつつあります。

 早速、直近の決算資料から、詳しく見ていきたいと思います。 


 四半期売上が約359億円でYoY+96%

まず売上を見ると、2017年4月〜6月の四半期で24億元(約359億円)、YoY +96%と非常に大きな成長を見せています。 

利益率がまだ−4%と、赤字のセグメントではありますが、利益率がYoY+9ポイント改善しているように、黒字化の目処が十分立っている段階と言えるでしょう。 

 AWSは、四半期売上$4.1B(約4,100億円)、YoY +42%でしたので、売上規模で行くとAWSの10分の1程度、成長率で行くとAWSの2倍以上早いスピードで成長しているという計算になります。


有料顧客数がYoY+2倍へ 

 「Alibaba's cloud base doubled in just 12 months」という記事を見てみます。 

 この記事によると、有料顧客数が100万社を超え、YoYで+2倍以上になっているという記載があります。中国だけではなく、最近ではインドやインドネシアに正しいデータセンターを開設しており、東南アジアでのマーケットシェア獲得にも余念がありません。 


顧客あたりの売上も増加へ 

有料顧客数だけではなく、1顧客からの売上も増加しています。 

Average revenue per user is growing as well. Each paying customer generated 2,405 yuan ($355) during Q2 2017, compared with 2,154 yuan ($323) the previous year.   

前四半期に$323(約32,300円)だった1顧客からの売上が、$355(約35,500円)まで、約10%も伸びています。 決算の発表時には、特にデータベースやCDNのサービスが、売上の向上に大きく貢献しているという説明がありました。 


将来的にはアリババの稼ぎ頭の一つになるポテンシャル 

 現時点では、アリババのEコマース事業はまだまだ高い成長率を誇っていますが、このクラウド事業はEコマース事業の次に大きな事業になり、収益的にも十分な貢献をするようになることは、ほぼ間違いないと考えられます。 

現時点では、クラウド事業の売上に占める割合は全体の5%ですが、1年前は3%だったことを考えると、成長スピードが理解できると思います。 

そしてアマゾンの例を見れば分かるように、クラウド事業は「規模の経済」が大きく効いてくる事業であり、大きくなればなるほど収益性が高くなりやすい事業でもあります。

こちらは、アマゾンの利益の多くがクラウド事業からもたらされていることを示す図です。

この図を見れば分かる通り、アリババの数年後の利益の大部分が、クラウド事業からもたらされることになったとしても、決して驚きではないでしょう。 

日本では、AWSやGoogleクラウドが利用されているケースはよく聞きますが、日本のクラウドベンダーが、AWSやGoogleクラウド並みに大規模に展開している例が乏しいような気がします。 

これだけ規模の経済が効きやすく、収益性が見込める事業であるにも関わらず、ビッグプレイヤー達が参入してこないのは何故なのでしょうか。もしご存知の方がいらっしゃれば、ぜひ教えてください。 

今後もアリババのクラウド事業の動向に注目していきたいと思います。 


(参考)「AWS」に関連する過去のnote 

*AWSが好調で純利益が前年比9.3倍になったアマゾン。次に狙う市場は?(2016/08/03) 


----------------------------

「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」好評発売中!
・Amazon・Kindle: http://amzn.to/2tHsSUX
・楽天ブックス・Kobo: https://a.r10.to/hrEBH2 


1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定の「有料マガジン」もあります。是非ご覧ください。  

気に入ってくださった方は、↓から「スキ」「フォロー」してください!   

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
21

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。