見出し画像

Q. ARPUが6千万円超のデータ解析集団Palantir、顧客数急増の理由とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:Palantirが6,000万円超のARPUでありながら、顧客数を伸ばすことができている理由は以下の2つであると考えられる。

(1)●●を3つのフェーズに分けて管理していること
(2)●●含む●●

本日は、米国のソフトウェア企業である「Palantir Technologies(パランティア・テクノロジーズ / 以下、Palantir)」を紹介します。

Palantirは、あのPayPalの創業者ピーター・ティール氏が創業した企業で、主にデータ解析事業を展開しています。具体的には、様々なデータを統合して分析し、新たな視点を発見して意思決定に役立てるプラットフォームを提供しています。

Palantirの特徴の1つとして、ARPU(顧客単価)が圧倒的に高いことが挙げられ、2023年7-9月時点で$411K(約6,165万円)/月と、他に類を見ない圧倒的な規模感です。

さらに驚異的なのは、この規模のARPUでありながら、顧客数は右肩上がりに増加し続けていることです。

この記事では、Palantirが、ARPU6,000万円超という圧倒的な規模感でありながら、顧客数を急増させることができる理由について考察しています。

この記事では、1ドル=150円($1 = 150円)として、日本円も併せて記載しています。


Palantirとは?

Palantirは2003年に創業されたソフトウェア企業で、政府向けの情報分析ツール「Palantir Gotham」や、民間企業向けデータ分析プラットフォーム「Palantir Foundry」などを展開しています。

世界中の政府機関や大手企業との提携を進め、ユニコーン企業となった後、2020年9月にニューヨーク証券取引所に上場しました。

以下にPalantirの上場時の記事を掲載しておりますので、関心のある方はぜひこちらもご覧ください。


営業利益がついに黒字化

上図の通り、これまでPalantirの営業利益は赤字が続いていました。しかし、徐々に赤字幅は減少して2023年から黒字となり、2023年7-9月時点では$40M(約60億円)で営業利益率は7.2%に達しています。

2020年9月の上場時には営業赤字が指摘されていた同社ですが、約3年間でじわじわと利益率を上げることに成功し、見事に黒字達成しているのは素晴らしいと言えるでしょう。

ここまで、Palantirの概要と営業利益を見てきました。次章からは同社の売上やコストの詳細、重要なKPIを見ていき、PalantirがARPU6,000万円超という圧倒的な規模でありながら、顧客数を急増できた理由を解説します。

この記事は、KGI/KPI設計に興味がある方や、企業の成長戦略に関心がある方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. ARPUが6千万円超のデータ解析集団Palantir、顧客数急増の理由とは?の答え
・●●が伸びる中で●●は維持
・売上比のコストは●●
・注目KPI #1 ●●
・注目KPI #2 ●●
・注目KPI #3 ●●
・まとめ


ここから先は

2,973字 / 7画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!