【法人用・転送可】決算が読めるようになるマガジン

独断と偏見で選ぶ決算資料がイケてるTop 3社(経営者・IR担当者必見!?)

独断と偏見で選ぶ決算資料がイケてるTop 3社(経営者・IR担当者必見!?)

8本目です。これまでいろいろな会社の決算について書いてきましたが、日本のネット企業で決算資料がイケてる会社を独断と偏見で選んでみたいと思います。 最初に注記。あくまで私が独断と偏見で選んでいるだけです。私の判断が必ずしも正しいとは限りませんのでご注意ください。また、決算の結果(そりゃ業績が良いほうが良いですよね)ではなく、「決算資料の出来具合」を評価対象としています。 イケてない決算資料の特徴 上場企業にとって、決算とは、投資家とのコミュニケーションです。会社に投資して

72
300
夢の電気自動車テスラはどうすれば黒字になるのか?

夢の電気自動車テスラはどうすれば黒字になるのか?

6本目です。今日はネット企業ではなく、電気自動車のテスラの決算を見てみましょう。 「テスラが10億ドル近い損失を記録 マスクCEOは強気の姿勢崩さず」という報道が出ている通り、まだまだ赤字の会社です。 テスラは、これまでも赤字というだけでなく、幾度となく資金難に苦しみましたが、スティーブ・ジョブズの後継者とも言われるCEOのイーロン・マスクが自己資金を数百億円単位で投入したり、驚異的な粘りを見せて乗り越えてきました。遂にはIPOもし、市場から資金調達をできるようになって、

64
300