決算が読めるようになるマガジン

絶好調・ぐるなびに学ぶ、インバウンド需要を取り込むための2つの施策

絶好調・ぐるなびに学ぶ、インバウンド需要を取り込むための2つの施策

ぐるなびが絶好調です。2016年4-6月期の決算から見ていきましょう。 売上は、87.6億円(YoY +8.5%)、営業利益は19.2億円(YoY +19.8%)、営業利益率は22%と非常に理想的な成長をしています。 言い方は悪いですが、ぐるなびのビジネスは、10年以上前からあるレガシーなビジネスモデルで、食べログや最近ではRettyなどに食われていくのではないか、と思っていた方も多いと思いますが、そういった中、これだけの規模でこれだけ成長しているというのは凄いことだと思

スキ
21
有料
500
スマホの次の1兆円産業・音声アシスタントデバイスは、主にどこで何に使われているのか

スマホの次の1兆円産業・音声アシスタントデバイスは、主にどこで何に使われているのか

スマホ普及率が高くなるにつれて、次はIoTだ!という声が聞こえてきますが、その中でも最有力とされるのが、家庭内の音声アシスタントデバイスです。 現時点で最も進んでいるのが、Amazon Echoです。 ↑のようなデバイスを家の中に置きます。Alexaさんというアシスタントに 「◯の曲をかけて」 「◯のビデオを再生して」 「Uber(タクシー)を呼んで」 「◯を注文しといて」 などと話しかけると、Alexaさんがこれらのタスクを実行してくれます。 Echoのプラットフ

スキ
26
有料
500
EC関係者必見! 打倒アマゾンを狙っていたJet.comの買収額3300億円は高いのか・安いのか?

EC関係者必見! 打倒アマゾンを狙っていたJet.comの買収額3300億円は高いのか・安いのか?

米小売最大のウォールマートが、打倒アマゾンを狙っていたECのJet.comを約3300億円で買収しました。$3B(約3000億円)分が現金で、残りの$300m(約300億円)分が株式として付与されるようです。 今日はこの買収が高いのか、安いのか、というのを少し考察してみたいと思います。 EC事業のM&Aはさほど多くないため、どのような水準での買収だったのかを振り返っておくことは、EC事業関係者の方には意義があることだと思います。 打倒アマゾンを狙っていたJet.comと

スキ
16
有料
500
リクルートはなぜ今FinTech事業を開始するのか?

リクルートはなぜ今FinTech事業を開始するのか?

リクルートがFinTech事業を開始するというプレスリリースが出ました。 一方で、当社グループは、国内事業におけるクライアント基盤を強化するために中小企業向け業務支援サービスを積極的に展開しており、それら中小企業の事業資金需要に対応できる融資サービス(以下「法人向け金融サービス」という。)の可能性についても検討を続けておりました。 この度は、それらの検討において一定の目途が立ったことから、当社は、当社グループの新規事業としての中小企業向けの融資事業(以下「本事業」という。

スキ
42
有料
500