見出し画像

私が投資したいと思うスタートアップのアイディア7選

今日は少しいつもと違ったテーマで書いてみたいと思います。

よく、ベンチャーキャピタルをやらないのですかという質問を受けますが、今のところベンチャーキャピタルをやるつもりはありません。

理由は二つあります。

一つ目は、上場企業への株式投資だけで通常の VCが出せるIRRよりも高いリターンを得ることができているからです。

もう一つは、他人のお金を預かって運用するのはあまり個人的には向いていないと思っているからです。

一方で、スタートアップへのエンジェル投資については、件数こそはあまり多くありませんが、一部投資する場合もあります。

私自身そんなに大きなお金があるわけでもありませんし、時間もないので、積極的に投資先を探しているというわけではありませんが、良い案件があればアメリカでも日本でもエンジェル投資をする場合もあります (チェックサイズの平均は、日本円で250万円、100-500万円のレンジです。)

日本のスタートアップに投資をする場合は、原則として「グローバル企業が手をつけにくい領域である」という前提で投資をしています。

今回の記事では、私が投資したいと思える「日本版●●」のアイデアを7つほど書いてみたいと思います。

この記事は、これからスタートアップを始めようと思っている方、スタートアップのアイデアを探している方、私がどのように考えているのかを知りたい方に最適な内容になっています。

自分で書き出してみてよくわかったことが一つあります。私はどちらかと言うと最新のホットな話題、例えば人工知能、仮想通貨、VRといった物よりも、古典的な、一見地味に見えるビジネスの方が好きだということです。

記事の一番最後に、連絡方法を記載しました。

私に投資を検討して欲しい方、あるいは、この記事に書いてあるようなスタートアップが出てきた場合に投資を検討したいというベンチャーキャピタルの方は、直接ご連絡頂ければと思います。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・その1: 投資関連
・その2: コーポレート・管理関連
・その3: エンジニア養成関連
・その4: 人事評価関連
・その5: 経理関連
・その6: 銀行口座関連
・その7: 年金関連

----------------------------

この続きをみるには

この続き:3,790文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
毎月、4本程度の有料ノートをお届けします。月に2本以上読むなら、月額マガジン購読の方がお得です。

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。

毎月、4本程度の有料ノートをお届けします。個人だけでなく、御社内で同僚の方に転送・回し読みしたい方は法人用を購入してください。

「決算が読めるようになるマガジン」と同内容の法人用です。転送・回し読みしたい方向けです(社内限定)。

または、記事単体で購入する

私が投資したいと思うスタートアップのアイディア7選

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
56

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
4つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。