見出し画像

AWSが好調で純利益が前年比9.3倍になったアマゾン。次に狙う市場は?

アマゾンの2016年4-6月期の決算が出ました。

以前書いた通り、この会社は、IRで明確に

Long Term Goal – Optimize Free Cash Flows
長期的なゴール=フリー・キャッシュフローを最大化すること

と言い切っています。

その直近12ヶ月(TTM)フリー・キャッシュフローは、$7.3B(7300億円)とYoY +68%と大きく上昇しています。

直近12ヶ月(TTM)の売上見てみると、売上は$120B(12兆円)とYoY +26%も成長しています。

構成比は、北米ECが59%、海外ECが33%、AWS(クラウド)が8%です。

他方、四半期ベースの純利益(Net Income)を見てみると、グラフのように$857m(857億円)と9.3倍にも増えています。一体、どうしてこんなに利益が出るようになったのでしょうか?

ヒントは、クラウド(AWS)事業にあります。


北米EC vs クラウドの売上・営業利益比較

北米ECは、売上がYoY +28%の$18B(1.8兆円)、営業利益がYoY +102%の$702m(702億円)と営業利益率は4.0%と低いままです。(以前よりは上がっていますが)

他方クラウド事業を見てみると、売上がYoY +58%の$2.9B(2900億円)、営業利益がYoY +135%の$718m(718億円)と、営業利益率は24.9%と高いだけでなく、営業利益ベースで、北米ECを抜いてしまいました。


まとめると、以下のようになります。

事業   売上    営業利益 営業利益率 売上成長率YoY
------------------------------------------------------------------------------------------
北米EC  1.8兆円  702億円 4.0%   +28%
クラウド  2900億円 718億円 24.9%  +58%

ECは直販モデルなので、売上が大きく、利益が小さいというモデルですが、クラウド事業はあれだけインフラ投資をしながらも、高い利益率を保ち、営業利益ベースで遂に北米ECを超えるまで来た、というレベルにまでなってきました。

しかも、恐ろしいことに、クラウド事業の成長率は、ECのそれよりも圧倒的に早い上に、マーケットシェアも大きいという点も見逃せません。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Amazonが次に狙う市場 = xxxx
・「xxxx」市場でのAmazonのポジション

----------------------------

この続きをみるには

この続き:947文字/画像3枚
記事を購入する

AWSが好調で純利益が前年比9.3倍になったアマゾン。次に狙う市場は?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
23

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。