見出し画像

Q.【2023年12月版】国内SaaS企業で事業の健全性を示す3つの指標を全て満たす企業は?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:事業の健全性を示す3つの指標は、(1)SaaSの40%ルール、(2)LTV/CAC、(3)CAC回収期間です。

最新の決算内容で、SaaS主要KPIを全て満たした企業は1社のみ。

本日は、主要な国内SaaS企業の最新決算内容をもとに、KPIデータベースを活用して、SaaSにおける事業の健全性を示す3つの指標(40%ルール、CAC回収期間、LTV/CAC)の達成状況を分析したいと思います。

●SaaSにおける事業の健全性を占める3つの指標
(1) 40%ルール
(2) CAC回収期間 (CAC:Customer Acquisition Cost/顧客獲得コスト)
(3) LTV/CAC (LTV:Life Time Value/顧客生涯価値)

SaaS企業の決算は、コストと売上(LTV)にタイムラグが発生するため、企業単体の数字では良い悪いの判断が難しいケースがあります。

一方、SaaS企業の決算を読む際の指標を用い、横比較で見ていくことで、定量的に企業の状態を捉えることができます。

また今回は、国内SaaS企業で事業の健全性を示す3つの指標を全て満たす企業だけでなく、惜しくも2つの指標を満たす「あと一歩」の優良企業の中から3社の成長性についても考察しています。

ぜひ最後までご覧ください。

●今回分析をする主要な国内SaaS企業
・プラスアルファコンサルティング(以下、プラスアルファ)
・スマレジ
・ラクス
・rakumo
・WACUL
・ROBOT PAYMENT
・Appier Group
・ブレインズテクノロジー
・カオナビ
・Sansan
・サイボウズ
・Chatwork
・ヤプリ
・スパイダープラス
・マネーフォワード
・セーフィー
・Photosynth
・プレイド
・ユーザベース
・チームスピリット
・フリー
・CINC
・Retty
※一部の企業は決算期の関係で、比較期間が月ズレしています。


「40%ルール」を満たしている企業は?

まずは、「40%ルール」から見ていきましょう。

「40%ルール(Rule of 40%)」とは、SaaS企業の成長の健全性を示す指標で、売上成長率と営業利益率の和が40%を超えていると健全であるという1つの目安に用いられます。

数式は、以下のようになります。

前年同期比売上成長率 + 営業利益率 ≧ 40%

数式を見ても分かるように、こちらの指標では、売上成長率と営業利益率のバランスが重要となってきます。

例えば、売上成長率が+80%と高い水準であれば、営業利益率が-40%であってもOKです。一方で、売上成長率が+20%と成長が鈍化してきた際には、営業利益率は+20%の水準まで引き上げる必要があります。

それでは、各社の40%ルールの数値を見ていきましょう。

上図は、国内SaaS企業の決算(2023年11月25日時点で公開されている直近の決算。以下、同様)から算出したものです。

SaaSの40%ルールをクリアしている企業は、以下の8社のみという状況です。

●40%ルールをクリアしている企業
・プラスアルファ:78.0%
・スマレジ:71.0%
・ラクス:50.0%
・rakumo:47.2%
・WACUL:45.3%
・ROBOT PAYMENT:45.0%
・Appier Group:42.9%
・ブレインズテクノロジー:40.6%

また、カオナビは、残念ながら40%には達していませんが、売上成長率と営業利益率を合わせて39.2%と、ほぼ達成していると判断しても良い水準です。

では、40%ルールを売上成長率と営業利益率に分解してみましょう。

今回SaaSの40%ルールを満たした企業は、しっかりと営業利益を出しながらも、高い成長率を誇る企業です。

特にプラスアルファ、スマレジ、ラクスは、売上成長率が40%超えの急成長を遂げています。

ラクス、WACUL、Appier Groupの3社は、40%ルールを満たしていますが、営業利益率が1桁台です。

この背景としては、次のような各社の戦略や方針が挙げられます。

●ラクス
楽楽精算・楽楽明細等のプロダクトに積極的なマーケティング投資を実施(TVCM等)

●WACUL
2022年11月に立ち上げた人材事業の拡大に加えて、直近の決算のタイミングが、大型案件が減っている閑散期に重なり、営業利益が減少したことが影響

●Appier Group
会社のコアバリューであるAIアルゴリズムの開発と、プロダクトの強化に戦略的に投資

ここまでは、直近の国内SaaS企業について、SaaSの40%ルールの指標で比較分析してきました。

ここから記事の後半では、LTV/CACやCAC回収期間の指標で比較分析した上で、SaaS事業の健全性を示す3つの指標を全て満たす企業等を見ていきます。

この記事は、SaaSビジネスに従事している方や企業分析に関心がある方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 【2023年12月版】国内SaaS企業で事業の健全性を示す3つの指標を全て満たす企業は?の答え
・LTV/CACが3以上の企業は?
・CAC回収期間が12ヶ月以内の企業は?
・3つの指標全てを満たした●●の成長の秘密
・その他の「あと一歩」の優良企業
・まとめ


ここから先は

4,673字 / 7画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!