新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Q. コロナ禍でSquareがCashアプリの利用を増やしたグロースハックとは?

新着記事を(無料で)LINEへお届けします。以下のリンクからご登録ください。
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g
注: 現在、Facebookメッセンジャーでのお届けができなくなっています。お手数ですがLINEへのご登録をお願いします。

----------------------------

ヒント:小売店向けの決済サービスだけでなく、●●向けのアプリを活用して、●●の受け皿になった。


今日の記事では、アメリカを中心に小売店舗向けに決済端末を提供しているSquareの決算を見ていきたいと思います。

そしてタイトルにある、Squareが提供する決済アプリ「Cash」がコロナ禍で利用を伸ばしたグロースハックについても探っていきたいと思います。

Square Inc. First Quarter 2020: Shareholder Letter(2020年5月)

画像1

Squareが提供している決済端末はこの写真にあるような、専用のスタンドとカードを読み込むリーダーです。このような店頭で利用できる専門性を保つだけではなく、非対面でもアプリでカード決済が可能になるソリューション、POSを使った顧客リストや在庫管理、プリペイド機能など様々な決済ソリューションを提供しています。

コロナショックのような状況になると、当然小売店舗向けに商売をしているSquareにも大きなダメージがあるわけですが、今回どの程度のマイナス影響があるのかをまずは見ていきたいと思います。

画像2

2020年1月〜3月の第一四半期の売上は、前年同期比+44%の$1.38B(約1,380億円)、粗利益は前年同期比+36%の$539M(約539億円)と大きく成長していますが、ビットコイン事業のコスト増や、サービス開発、マーケティング費用の増加により、純損失は$106M(▲約106億円)となりました。

四半期という単位で見ると順調に成長している印象を受けますが、月毎の取扱高の変化を見てみるとコロナの影響が分かると思うので、以下で詳しく見ていきましょう。


1月・2月と3月の小売業の取扱高の変化

こちらが四半期ごとの取扱高(GPV)になります。

画像3

2020年の1月〜3月の四半期は$25.7B(約2.57兆円)の取扱高があり、前年同期比+14%で成長しています。

成長が続いているようにも見えますが、それ以前は25%以上の成長が続いていたことを鑑みると、成長スピードがガクッと落ちているのが読み取れると思います。具体的にどのようなことが起こっているのか決算資料に書いてあるので詳しく読み解いてみましょう。

Through January and February, we achieved overall GPV growth of 29% year over year, including an uplift from the impact of the leap year.

2020年の1月と2月の取扱高は、前年同期比+29%でとても好調に成長していました。

Beginning in mid March, GPV in our Seller business was affected by COVID-19. During the last two weeks of the first quarter, Seller GPV was down 39% year over year. As growth continued to slow through the end of the quarter, Seller GPV was down 46% year over year in the last week of March.

一方で3月中旬頃からコロナウイルスの影響を受けて取扱高が目立って減少しました。3月の最後の2週は前年同期比-39%にまで落ち込み、3月の最終週に至っては前年同期比-46%にまで落ち込んでしまったと書かれています。

3月がこのような状況で、それ以降もステイホームが続いているので、当然SquareのBtoB(企業向け)のビジネスは大変厳しい状況にあるわけです。

画像4


こちらのグラフはSquareのオンラインストアの週毎の取扱高です。このグラフにある通り、3月9日のアメリカの非常事態宣言の後から多くの小売店舗がオンラインに移行し、オンラインの取扱高は週$59M(約59億円)まで増えてきてはいますが、従来のオフラインの売上(四半期で3,000億円減少)を補完するにはまだまだ至っていないと思われます。


一方で、Squareは数年前から始めた「Cash」というtoC(個人消費社向け)のアプリも提供しています。記事の後半では、コロナ禍でSquareがグロースハックとして新たな一手を打った、このtoCのアプリ「Cash App」を詳しく取り上げたいと思います。

コロナウイルスの状況下にあっても、危機的な状況を逆に成長チャンスとしてうまく活かしたと言えるとても良い例だと思います。

この記事はFintech系のサービスを提供されている方、コロナウイルス状況下でピンチをチャンスに変える打ち手を探している方、toC向けの決済アプリの成長戦略に関心がある方に最適な内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1,000円のマガジンをご購入ください。

有料マガジンを購読頂く方がお得です。先月(2020年5月)には17本の有料記事がマガジンに追加されました。1記事あたり約60円の計算です。

マガジンは「初月無料」です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. コロナ禍でSquareがCashアプリの利用を増やしたグロースハックとは?の答え
・Squareのグロースハック:ステップ1
・Squareのグロースハック:ステップ2
・Squareのグロースハック:ステップ3
・結果: 4月の●●は3月の●倍に成長

この続きをみるには

この続き: 4,320文字 / 画像2枚
記事を購入する

Q. コロナ禍でSquareがCashアプリの利用を増やしたグロースハックとは?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
23
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

こちらでもピックアップされています

決算が読めるようになるマガジン
決算が読めるようになるマガジン
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることをお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。