見出し画像

メッセンジャーボットの主要な4つのカテゴリーが明らかに!(実例とスクリーンショット付)

前回の「Facebookのメッセンジャープラットフォームの本当の狙いは正しく報道されていないと(僕は)思う。」では、

まだまだ自動化するには早いでっせ。最初は手動でメッセージ返信して、頑張ってデータ貯めるべし

というような内容を書きましたが、せっかくメッセージAPIが開放されているので、一部であっても、非常に初歩的なところであっても、これまで人力でやっていたことを、ボットにやらせたい、と思うのは当然です。

そこで、今回は、Facebookのメッセンジャープラットフォームのリリース時点で、公開されているボットにはどんな種類があるのか、を4つに分類してみました、という話です。

今まさにメッセンジャーボットを作っている人、これからボットを作ろうと思っている人は要チェックな内容です。


メッセンジャーボットの4つの主要カテゴリー

自分で分類しようかとも思いましたが、既に分類してくれている人がいるので、拝借します。

4つのカテゴリーとは、この図の通りです。

#1: アラート系(Alerts)
  割合: 29%、成熟度: 低
#2: 検索系(Search/Input)
  割合: 6%、成熟度: 低-中
#3: カスタマーサポート系(Support)
  割合: 40%、成熟度: 中-高
#4: 予約・購入系(Booking)
  割合: 17%、成熟度: 高

一つずつスクリーンショット付きで、具体例を交えて見てみたいと思います。今まさにメッセンジャーボットを作っている人、これからボットを作ろうと思っている人には参考になるかと思います。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月(=今月末まで)無料です。今月末までに解約すれば費用はかかりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・#1: アラート系ボット
・#2: 検索系ボット
・#3: カスタマーサポート系ボット
・#4: 予約・購入系ボット
・まとめとリンク集

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,032文字/画像6枚
記事を購入する

メッセンジャーボットの主要な4つのカテゴリーが明らかに!(実例とスクリーンショット付)

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
27
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。