見出し画像

Q. UberEatsを超えてDoorDashが世界No.1になったのはなぜ?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:DoorDashがUberEatsの総注文金額を超えることができた理由は以下の3つと考えられる。
・#1 ●●控えめな●●の高い設計
・#2 ●●による既存ユーザーのロイヤリティの引き上げ
・#3 フードだけでなく「●●×●●」のニーズに応える施策強化

ご存知の方も多いと思いますが、DoorDashは2013年に創業された米国のフードデリバリーサービス最大手の企業で、消費者がアプリから料理を注文すると、提携しているドライバーが消費者の自宅まで運んでくれるフードデリバリー事業を展開しています。

UberEatsは、同じくUberが運営するフードデリバリー事業でグローバルに事業展開しています。日本でもTVCMが放送されサービスが浸透していることから、きっと一度は利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

これまで、グローバルに事業展開しているという要因もあり、総注文金額はDoorDashよりもUberEatsの方が優勢でした。しかしながら2022年末から逆転しています。

DoorDashはなぜ、UberEatsを上回る総注文金額を達成できたのでしょうか。この記事では、その要因を3つ解説しています。


DoorDashが米国フードデリバリーシェア65%に拡大

Bloombergの消費者行動データ分析を報告しているSecond Measureによると、米国におけるフードデリバリー市場はコロナ禍によって2020年初期に一気に急拡大し、その後は右肩上がりに拡大しています。

また、2023年10月時点の米国フードデリバリー市場のシェアはDoorDashが65%、UberEatsが23%と報じており、米国ではDoorDashがかなり優勢であることが伺えます。

記事の後半では、DoorDashがUberEatsの総注文金額を超えることができた理由を3つ考察します。

この記事は、フードデリバリー事業に従事する方やプラットフォームビジネスに関心がある方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. UberEatsを超えてDoorDashが世界No.1になったのはなぜ?の答え
・DoorDashとUberEatsの総注文額推移
・#1 ●●控えめな●●の高い設計
・#2 ●●による既存ユーザーのロイヤリティの引き上げ
・#3 フードだけでなく「●●×●●」のニーズに応える施策強化
・グローバル展開にも注目
・まとめ


ここから先は

2,896字 / 6画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!