見出し画像

Q. AWS, Microsoft Azure, Google Cloudのうち最も成長率が高いのはどれ?

A. Google Cloudです。前年同期比約2倍で成長中。

今日の記事では、クラウドサービスの比較をしていきたいと思います。

2019年4月から6月期の決算が発表になりましたが、各種報道を見ていると断片的な情報が多いので、この記事で全体像を整理していきたいと思います。

今回の記事ではAmazonのAWS、Microsoft Azure、Google Cloudの三つを比較していきます。


AWSの売上規模・成長率

初めにAmazon の決算から、AWSセグメントを見ていきたいと思います。

Amazon Q2 2019 Financial Results Conference Call Slides

AWSセグメントとしては、四半期あたりの売上が$8.4B(約8,400億円)、営業利益が$2.1B(約2,100億円)という具合に、非常に収益性が高い状況が続いています。

一方で、売上成長率がYoY+37%と、以前に比べると成長スピードが遅くなっているのも目につくようになりました。

Amazon全体での四半期当たりの営業利益が$2.6B(約2,600億円)ですので、そのうち$2.1B(約2,100億円)がAWSから来ていることを考えると、Amazonの利益の大半はAWSがもたらしているとも言えます。

AWSの特徴としては、収益性が営業利益率約25%と非常に高いだけでなく、成長自体は鈍化しているとは言え、成長スピードがまだまだ高い点と言えるでしょう。

以下では、AWSとMicrosoft Azure、そしてGoogle Cloudの比較をしていきたいと思います。

この記事を読んでいらっしゃる方はAWS ユーザーの方が多いかと思いますし、日本ではまだまだAWSのシェアが大きい気もしますが、果たしてグローバルで見た場合にMicrosoft Azure、Google Cloudはどの程度まで侵食してきているのでしょうか。

この記事は、クラウドサービスを利用している企業の方、今後クラウドサービスを選定あるいは変更を検討しているエンジニアの方だけでなく、経営陣の方にも最適な内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Microsoft Azureの売上規模・成長率
・Google Cloudの売上規模・成長率
・まとめ
・ズバリ!どのクラウドサービスを利用すべき?

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,744文字/画像4枚
記事を購入する

Q. AWS, Microsoft Azure, Google Cloudのうち最も成長率が高いのはどれ?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
31

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

【法人用・転送可】決算が読めるようになるマガジン

「決算が読めるようになるマガジン」と同内容の法人用です。転送・回し読みしたい方向けです(社内限定)。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。