Q.急成長する「低ARPU・SaaS企業」に共通する特徴とは?
見出し画像

Q.急成長する「低ARPU・SaaS企業」に共通する特徴とは?

新着記事をTwitterやLINEでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

ヒント:低ARPU(1ユーザーあたり売上が低い)だからこそ、利益を生むための工夫をしていて、特徴が現れる指標が二つあります。

この記事は沼幹太さんとの共同制作です。

先日の記事のおさらい

先日(2021年10月26日)、こちらの記事を公開しました。

記事の内容を簡単にまとめると、以下のような内容でした。

アメリカで上場しているSaaS企業のうち、決算情報からARPUが入手可能な企業に限定すると、時価総額(中央値)は、

ARPUが$1,000(約10万円)/月以上の企業の時価総額よりも、
ARPUが$1,000(約10万円)/月未満の企業の時価総額が高い

この結果から、たとえARPUが小さいSaaSでも十分に市場から評価されるビジネスになるということがわかりました。


月間ARPUが$1,000未満の企業の一覧

シバタが提供しているKPIデータベースより、ARPUが小さい企業(月間ARPUが$1,000未満)のSaaS企業を抽出し、CAC(Customer Acquisition Cost=顧客獲得費用)回収期間が短い順にソートすると下の表のようになります。

画像1

今回の記事では、前回の記事の続編として、a) ARPUが$1,000/月未満と比較的低く、b) CAC回収期間が12ヶ月未満の比較的短い企業に焦点を当て、どのような特徴があるのか、詳しく考察していきたいと思います。

上記条件に該当する企業として、今回は特にCAC回収期間が短いDropbox(2.2ヶ月)、Atlassian(7.2ヶ月)、Zoom(6.0ヶ月)の3社を分析の対象とします。

画像2

・この記事内では、Dropbox、Atlassian、Zoomの3社を「低ARPUのSaaS企業」と表現します。

・この記事では、1ドル=100円($1 = 100円)として、日本円も併せて記載しています。

この記事は、SaaSビジネスに携わっている方、SaaSビジネスへの理解を更に深めたい方、アメリカの株式市場に興味・関心がある方などにおすすめの内容となっています。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 急成長する「低ARPU・SaaS企業」に共通する特徴とは?の答え
・ #1: Dropboxの主要KPIと主要費用の対売上比率
・ #2: Atlassianの主要KPIと主要費用の対売上比率
・ #3: Zoomの主要KPIと主要費用の対売上比率
・まとめ

この続きをみるには

この続き: 5,474文字 / 画像9枚
記事を購入する

Q.急成長する「低ARPU・SaaS企業」に共通する特徴とは?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。