決算が読めるようになるノート
【web3事例DB】6/30更新: 機関投資家向けオールインワンプラットフォーム運営のFalconX、NFTマーケットプレイス運営のMagic Eden等
見出し画像

【web3事例DB】6/30更新: 機関投資家向けオールインワンプラットフォーム運営のFalconX、NFTマーケットプレイス運営のMagic Eden等

決算が読めるようになるノート
売り切れ

2022年4月よりサービスを開始している「web3事例データベース」の6/30分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$10M(約10億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、6/30更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

6/30の更新情報

今週の更新分では、以下の10件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Brave Group: $18,000,000(6/23)

  • Cryptoys: $23,000,000(6/23)

  • FalconX: $150,000,000(6/22)

  • Prime Trust: $107,000,000(6/22)

  • Vibe Bio: $12,000,000(6/22)

  • BlockFi: $250,000,000(6/21)

  • Magic Eden: $130,000,000(6/21)

  • EcoWatt: $110,000,000(6/20)

  • Maya Preferred: $200,000,000(6/20)

  • Voyager Digital: $200,000,000(6/17)

今週の1億ドル以上の大型調達案件としては、10件のうち7件と全体的に大きな調達ばかりでした。

今週もweb3らしさを感じられるプロジェクトの調達がいくつも見られました。そのうち、簡単にだけプロジェクトをご紹介します(詳細や全リストはweb3事例データベース購読者向けの内容となります)。

6/30更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

機関投資家向けのオールインワンプラットフォーム FalconX

FalconXは、機関投資家向けの暗号通貨およびデジタル資産金融のオールインワンプラットフォームとして、デジタルアセット取引、クレジット&トレジャリーマネジメント、プライムオファリングなどのソリューションを提供しています。

NFTマーケットプレイスの運営 Magic Eden

Magic Edenは、SOLANAのブロックチェーン上に構築されたNFTマーケットプレイスを運営しています。世界最大のOpenseaに次ぐ規模と言われており、サービスリリースから9か月でユニコーン入りを果たしています。NFTマーケットプレイスのユニコーンととしてはOpenSea、LooksRareに次いで3番目です。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

この続きをみるには

この続き: 362文字
記事を購入する

【web3事例DB】6/30更新: 機関投資家向けオールインワンプラットフォーム運営のFalconX、NFTマーケットプレイス運営のMagic Eden等

決算が読めるようになるノート

50,000円

決算が読めるようになるノート
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。