見出し画像

クラウドワークスにとってコロナ禍は追い風だったのか?今後は追い風になるのか?

新着記事をTwitterやLINEでお届けします。以下のURLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

私のYouTubeチャンネルでは、決算読み解き実況中継をしています。おかげさまでYouTubeの方も多くの方にご覧いただいているのですが、特に忙しいビジネスパーソンの方たちから「YouTube動画の内容を知りたいが、動画を見る時間が無い」というお声を多数いただいています。

この記事では、上の動画の内容をスクリーンショット付きで文字起こししてあります。動画を見る時間はないけれど、内容を短時間でおさらいしたいという方に最適です。


今回の決算の印象は?

画像1

ーー(伊佐山真里)皆さんこんにちは。今日はクラウドワークスの決算書をシバタさんと一緒に読んでいきたいと思います。シバタさんよろしくお願いします。

クラウドワークスは、主に在宅ワーカーと仕事発注者のマッチングサービスを提供している会社です。今回は2020年9月期第3四半期の決算資料を見ていきます。

画像2

こちらが2019年10月から今年6月までの9カ月間の累計ハイライトです。総契約額、売上高、売上総利益は前年比でプラスになっていて、EBITDAと営業利益は前年比マイナスになっています。

画像3

ただし、こちらの振り返りを見ると「マッチング事業で広告を強化していてマイナスは期初の方針通り」と書いてあったので、問題ないのかなと思いました。

画像4

クォーターごとの結果を見てみても、売上が前年同期比で少しマイナスになっているものの、ほぼ横ばいで終わっています。

3Q(4~6月)は緊急事態宣言が出された時期と被っており、さらにコロナでマイナスの影響を受けている業界の1つである人材業界ということも考慮すると、良い結果で終わっているのかなと思いました。

シバタさんの今回の印象を教えてください。

(シバタナオキ)コロナの影響についてですが、クラウドワークスは人材業界ではありますが、リモート銘柄でもあります。そういう意味では、売上が増えてもよさそうではあります。

そうは言っても、この4~6月というのは緊急事態宣言ですごくパニックになっていた会社も多いと思います。そんな状況でいきなりリモートで発注しないかなという気もするので、一時的には落ち込んだというのも理解できます。

ただロングタームで見た場合、コロナのようなことが起こってリモート化が進んでいくことは、この会社にとってはすごくプラスなことが多いのではないかと思います。


売上総利益率ではなくテイクレートを見るべき理由

画像5

ーー事業ごとに見てみると、主力のマッチング事業は順調に伸びていると感じる一方で、売上総利益率を売上高から計算してみると約43.7%程でした。ハード資産のないネットサービス企業としては、売上総利益率が低い印象を受けました。これはどうしてでしょうか。

まずこのビジネスに関しては、売上総利益率を見ることにあまり意味がないです。マーケットプレイス型なので、売上総利益÷総契約額、つまりテイクレートを見るべきです。

計算すると20.4億円÷94.6億円で約21.6%です。これがクラウドワークスの実際の取り分にあたるため、テイクレートを見るのが正しいです。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1,000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・テイクレートを売上ではなく売上総利益を使って計算するのはなぜ?
・コロナの影響で需要と供給のバランスが崩れている?
・EBITDAや営業利益がマイナスになっても投資を続けている理由は?
・テイクレートを伸ばすためにどんな風にサービス拡大を図る?
・今後のマッチング事業の成長を見るにはどの指標を追う?
・コンサル市場や正社員求人市場に入る余地はある?
・その他見るべき指標について
・まとめ

この続きをみるには

この続き: 5,414文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
毎月、4〜8本程度の有料ノートをお届けします。月に2本以上読むなら、月額マガジン購読の方がお得です。さらに、初月は無料!

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることをお届けします。

毎月、4〜8本程度の有料ノートをお届けします。個人だけでなく、御社内で同僚の方に転送・回し読みしたい方は法人用を購入してください。

「決算が読めるようになるマガジン」と同内容の法人用です。転送・回し読みしたい方向けです(社内限定)。

または、記事単体で購入する

クラウドワークスにとってコロナ禍は追い風だったのか?今後は追い風になるのか?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
17
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

こちらでもピックアップされています

決算が読めるようになるマガジン
決算が読めるようになるマガジン
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることをお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。