見出し画像

【コロナ禍絶好調・Twitter】2023年に売上を倍増させるためにはアレを増やす必要あり?

新着記事をTwitterやLINEでお届けします。以下のURLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

私のYouTubeチャンネルでは、決算読み解き実況中継をしています。おかげさまでYouTubeの方も多くの方にご覧いただいているのですが、特に忙しいビジネスパーソンの方たちから「YouTube動画の内容を知りたいが、動画を見る時間が無い」というお声を多数いただいています。

この記事では、上の動画の内容をスクリーンショット付きで文字起こししてあります。動画を見る時間はないけれど、内容を短時間でおさらいしたいという方に最適です。

ツイッター 2020年度第4四半期決算の印象は?

画像2

ーー(伊佐山真里)皆さん、こんにちは。今回は、ツイッターの2020年第4四半期(10-12月)の決算書を読んでいきたいと思います。シバタさん、よろしくお願いします。

(シバタナオキ)ツイッターの決算はすごく楽しみです。どんな決算なのかを見ていきましょう。

画像3

ーー2020年第4四半期決算の結果から見ていきます。Total Revenue(売上)は前年同期比で+28%と大きく伸びています。

画像4

ユーザー数も+27%と好調な締めくくりで、コロナによる打撃を乗り越えた印象を受けました。シバタさんの今回の印象はいかがでしたか?

広告業界は、コロナの影響でユーザー数は増えるものの広告売上は減るか横ばいというパターンがよくありましたが、今回はユーザー数も大きく伸びて広告売上も上がり、ツイッターにとっては絶好調だったと思います。

1つ前の図にある通り、売上が$1.289B(約1,289億円)まで増えています。下のGAAPのオペレーティングマージンは利益率が+20%まで伸びている点が一番印象的でした。

画像5

ーーマージンが大きく改善した理由はどこにあるのでしょうか。

改善した理由は、単純にコストはあまり増えずに売上が上がったからだと思います。


2020年のコロナはツイッターにとってプラスだった?

画像6

画像7

ーー1年を通して見てみると、2020年はコロナで広告の売上が第2四半期(20年4-6月)、第3四半期(20年7-9月)と打撃を受け、苦しい時期が続いた年でもありましたが、最終的に売上は前年同期比+7%で終わっています。2020年のコロナは、結果的にツイッターにとってはプラスだったと考えてよいでしょうか。

そうですね。ユーザー数が大きく伸びたことと、第4四半期は広告が前年の第4四半期と比べてこれだけ伸びているので、ユーザーも増えて、その分きちんとマネタイズもついてきたということで、プラスだったのではないでしょうか。

画像8

ーー今回、広告全体で+31%の伸びで絶好調という印象でした。

そうですね。ツイッターはもともと広告とデータ販売しかなくて、広告のほうが伸びているのは間違いありません。その中でもアプリのプロモーション広告、アプリのインストール広告がグローバルで前年同期比50%以上伸びています。つまり、MAP(モバイルアプリケーションプロモーション)の広告売上が非常に伸びたことが一番のポイントです。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1,000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・ツイッターの売上を2倍にするための今後の課題とは?
・新機能とツイッターのユーザーとの相性は?
・今後ツイッターはどのようなサービスを目指していると考えられる?
・ツイッターが日本で人気な理由は?
・まとめ

この続きをみるには

この続き: 5,443文字 / 画像11枚
記事を購入する

【コロナ禍絶好調・Twitter】2023年に売上を倍増させるためにはアレを増やす必要あり?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
18
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。