見出し画像

ソフトバンクがスプリントとT-mobileを合併できたとしてもまだ足りないものとは?

業界再編が叫ばれて久しい、アメリカの携帯キャリア業界ですが、大きな変化が起ころうとしています。  

この変化は、時間が経てば日本の携帯キャリア業界でも必ず似たような道を辿ることになると思われますので、今日はその話を書いてみたいと思います。

まず始めに、2017年4月~6月期の4大携帯キャリアの決算を、簡単に整理してみます。

 Verizon: 売上$21B、61.4万回線のポストペイド契約純増。AT&T: 売上$17.5B、230万回線の純増だが、大半がIoT関連(=携帯電話以外)。T-Mobile: 売上$10B、純増78.6万回線。スプリント: 売上$8.2Bm純増8.8万回線。 

おさらいになる部分も多いかと思いますが、ポイントは3つです。 

1つ目は、Verizon、AT&Tの2大キャリアは、T-mobile、スプリントの約2倍の売り上げがあるという点です。つまりT-mobile、スプリント陣営としては、設備投資という点を考えると、広いアメリカにおいてVerizonやAT&Tと互角に戦っていくには、相当知恵が必要だという点を、まずは抑える必要があります。

2つ目は、AT&Tは特に自動車関連になるのですが、IoT関連の回線を獲得することに大きく注力して、純増数を増やしていると言う点です。 

3つ目は、最大のキャリアであるVerizonよりもT-mobileの方が純増数は多いという点です。T-mobileは、様々なクリエイティブが施策を行う設備面では不利でありながらも、大きくユーザー数を伸ばしてきています。 


 T-mobileの破壊的な「Uncarrier」施策 

T-mobileに関しては、少しおさらいしておく必要があるかもしれません。 

孫正義氏が買収しそこねたT-mobileが凄い理由 

詳しくはこのnoteに書きましたが、T-mobileは数年前から、Un-Carrierと呼ばれる、様々なユーザーにとって便利な施策を次々と発表し、ユーザー数を伸ばしています。 

中でも「無制限データプラン」はとても破壊的で、T-mobileが無制限データプランを発表して以来、他の全てのキャリアでも、無制限データプランが標準になり、アメリカの携帯電話業界が大きく変わったとも言われています。

その結果として、「T-Mobile's customers are more loyal than Verizon's, AT&T's, and Sprint's」という記事にもある通り、T-mobileユーザーは、他のキャリアに移りたくない、というユーザーが増えています。 

一見するととても順調に見えるT-mobileですが、今回更に破壊的な発表を行いました。 

これだけ順調に純増数が増えている中で、なぜ更に破壊的な施策を打つ必要があったのかという点を、詳しく見ていきたいと思います。 

繰り返しになりますが、今回の一連の背景は、時間を置いて必ず日本でも同じことが起こると思われます。そういった意味で、日本の読者の皆様にも参考になれば幸いです。 

 

---------------------------- 

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4~8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。 

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・T-mobileが自社ユーザーに●●を無償提供開始 
・5Gネットワーク時代に携帯キャリアが必要なもの = ●●●●
・スプリントに残された道は?
・日本の携帯キャリアで起こりうること 

 ----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,614文字/画像3枚
記事を購入する

ソフトバンクがスプリントとT-mobileを合併できたとしてもまだ足りないものとは?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
13

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。