見出し画像

Q. NIKEの成長ドライバーとなっているアクティブ会員数は?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:NIKEのメンバーシップ会員のアクティブ数は日本の人口より多いです。

この記事はゆべしさんとの共同制作です。

スニーカーを中心に、アパレル製品などスポーツ用品を多数手掛けているNIKEは、全世界で事業展開しており、ほとんどの方がご存知でしょう。

NIKEの2022年9-11月決算を見ると、特にD2C(Direct to Consumer:製造者が直接消費者と取引を行うビジネスモデル)の売上が大きく成長しており、そのD2C売上の成長を支えているのが「メンバーシップ会員」です。

本日は、NIKEの売上を商材別、地域別、商流別に見ていき、後半では、NIKEの成長ドライバーとなっているメンバーシップ会員のアクティブ会員数とその特徴を解説していきます。

後半パートの中には、レオナルド・ディカプリオ氏も出資していることでも有名な、サンフランシスコ発のスニーカーD2C企業Allbirdsとの比較もありますので、是非最後までご覧ください。

この記事では、1ドル=100円($1 = 100円)として、日本円も併せて記載しています。


NIKEの2022年9-11月の決算

NIKE, INC. REPORTS FISCAL 2023 SECOND QUARTER RESULTS

NIKEの2022年9-11月の四半期売上は$13.3B(約1.33兆円)で、YoY(前年同期比)+17%とやや控えめな成長率です。

ただ、これは為替の影響を加味した成長率のため、為替の影響を除くとYoY+27%と大きく成長しています。

Second quarter reported revenues were $13.3 billion, up 17 percent compared to the prior year and up 27 percent on a currency-neutral basis*

引用:NIKE, INC. REPORTS FISCAL 2023 SECOND QUARTER RESULTS

一般的に、売上規模が大きくなると成長率が逓減する傾向があります。しかしNIKEは四半期売上$13.3B(約1.33兆円)という大きな売上規模にもかかわらず、YoY+27%の成長率を実現していることはかなり驚異的と言えるでしょう。

次に商材ジャンル別の売上を見てみましょう。Footwear(靴)が$8,504M(約8,504億円)で全体売上の約64%を占め、さらにYoY+25.4%と、規模が大きく高い成長率を誇っています。

上図のGlobal Brand DivisionsはNIKEブランドのライセンス等のその他収益を指しています。

地域別に見ると、北米が$5,830M(約5,830億円)で全体売上の約44%を占め、YoY+30.2%と高い成長率となっています。

地域別の売上はアメリカに次いで、ヨーロッパ・中東・アフリカ、中国、アジア・ラテンアメリカの順番で大きいです。中国セグメントはマイナス成長ですが、為替の影響を除くとプラス成長となります。

Let me highlight just a few. We launched China-specific versions of our apps to build Nike experiences that are faster, more engaging, and more personalized. We created a first-of-its-kind Chinaspecific member journey with Tmall, which saw significant uplift in new member recruitment and demand per member.

引用:PREPARED REMARKS / UNOFFICIAL TRANSCRIPT – Q2FY23 NIKE Inc.,

「NIKEは中国向けのアプリをリリースしたり、中国固有のメンバージャーニー(会員向けの特別な体験やプログラム)をTmall(天猫:アリババが運営する越境ECプラットフォーム)と作成するなど、中国に特化した施策を展開しています。」

NIKEの決算では上記のように説明されており、中国向けの施策を実行していることに加え、「1つの国」である中国を地域別のセグメントで切り出していることからも、中国市場を重要視していることが伺えます。


NIKEのD2C比率はどれくらい?

次に、NIKEのD2C(Direct to Consumer:製造者が直接消費者と取引を行うビジネスモデル)売上を見てみましょう。

NIKE Direct sales were $5.4 billion, up 16 percent on a reported basis and up 25 percent on a currency-neutral basis

引用:NIKE, INC. REPORTS FISCAL 2023 SECOND QUARTER RESULTS


NIKEのDirect Sales(D2C売上)は、2022年9-11月で$5.4B(約5,400億円)、YoY+25%(為替影響を除く)で、全体売上の40.5%を占めるほどに成長しています。

NIKE Brand Digital sales increased 25 percent on a reported basis, or 34 percent on a currency-neutral basis

引用:NIKE, INC. REPORTS FISCAL 2023 SECOND QUARTER RESULTS


また、Direct Salesの中でもDigital Sales(オンライン販売)の成長率はYoY+34%(為替影響を除く)で、Direct Salesの売上だけでなく、会社全体の売上成長を牽引しています。


デジタル売上の成長の背景にはメンバーシップがある

What showcases the success of this strategy is our membership base. Membership was akey reason our Digital business grew an industry-leading 34 percent this quarter.

引用:PREPARED REMARKS / UNOFFICIAL TRANSCRIPT – Q2FY23 NIKE Inc.,

このDigital Salesの成長の背景には、「メンバーシップ(会員基盤)」があると決算説明会でも明言されています。

メンバーシップ会員になると、ブラックフライデーやサイバーマンデー等の割引を受けることができ、よりお得にNIKEの商品を購入することができます。

コロナ禍でのフィットネス需要や、スニーカーマニアを確実に取り込むためにさまざまなアプリやマーケティングを展開してきたことが、NIKEのアクティブ会員数の増加に繋がっているようです。

ここまで、NIKEの商材別、地域別、D2Cの売上とその成長率を見てきました。

記事の後半では、NIKEの成長ドライバーとなっているメンバーシップ会員のアクティブ会員数について見ていき、D2C企業の特徴である売上総利益率について比較分析していきます。

この記事は、D2Cビジネスに従事している方や小売・eコマース事業に関心がある方、NIKEが好きな方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. NIKEの成長ドライバーとなっているアクティブ会員数は?の答え
・NIKEメンバーシップのアクティブ会員の特徴は?
・NIKEの売上総利益率はAllbirdsや日本の小売企業と比較して高いのか?
・まとめ


続きをみるには

残り 2,390字 / 2画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!