見出し画像

Q. 海外出店を進める回転寿司のスシロー、海外で最も売上が大きい地域はどこ?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:2024年3月時点では、スシローはアジアを中心に海外出店しています。

今回は、大手回転寿司チェーンのスシローの業績推移と動向を、同じく海外出店を進めるくら寿司と比較して見ていきます。

大手回転寿司チェーン店のスシロー・くら寿司・はま寿司の3社の中では、スシロー・くら寿司が積極的に海外展開しており、出店地域・店舗数を伸ばしています。

特に、スシローは、FY2023時点では海外店舗数135店舗ですが、FY2026には403店舗(約3倍の店舗数増加)まで店舗数を増やしていくことを計画しています。

今回の記事では、前半は直近の大手回転寿司チェーン3社の業績を解説し、記事の後半ではスシローとくら寿司の業績推移や海外への出店状況を比較をした上で、スシローの海外での売上の深掘り・今後のスシローの動向を考察していきます。


スシローの業績が売上高・営業利益の両方でトップ

上図は、大手回転寿司チェーンの直近半年の業績です。

売上高の大きい順に、スシロー(1,760億円)→くら寿司(1,161億円)→はま寿司(1,032億円)となっています。

また営業利益の大きい順では、スシロー(123億円)→はま寿司(65億円)→くら寿司(56億円)となっています。

売上高と営業利益の高い順を比べてみると、売上高では2番目のくら寿司、3番目のはま寿司、営業利益では順番が入れ替わっており、はま寿司の方が利益の出やすい体質となっています。

その一方で、売上高・営業利益どちらの面でも、スシローが頭1つ抜けており、規模が大きいことが分かります。

ここまでは、直近の大手回転寿司チェーン3社の業績を解説してきました。記事の後半では、スシローとくら寿司の業績推移や海外への出店状況を比較をした上で、スシローの海外での売上の深掘り・今後のスシローの動向を考察していきます。

この記事は、飲食業界に従事している方や事業戦略に関心がある方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 海外出店を進める回転寿司のスシロー、海外で最も売上が大きい地域はどこ?の答え
・スシローとくら寿司の売上高の推移
・スシローが伸びている理由は?
・競合のくら寿司も海外売上を拡大中
・スシローとくら寿司、どちらの方が海外に出店しているのか?
・海外の1店舗あたりの売上高は?
・スシローの海外での売上高の高い国は?
・今後のスシローの動向
・まとめ


ここから先は

3,697字 / 12画像
この記事のみ ¥ 500
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!