見出し画像

「食べログ」はまだまだ伸びしろが大きいと思った件

「食べログ」が相変わらず絶好調です。Kakaku.comの2016年1-3月期の決算から見ていきましょう。

売上は、YoY +24.9%の42.55億円、ユニークユーザー数はYoY +10.4%の7609万人です。

売上の主要ドライバーである、課金飲食店数は、49,000店まで増え、ARPUも19,600円/Qと上昇を続けています。個人向けの有料サービスも有料会員が157万人と右肩上がりです。

参考までに、FY2015では、「食べログ」はKakaku.comの売上の38.2%を占める最大の事業になりました。4年前のFY2011には売上構成比で13.7%であったことを考えると、Kakaku.comにとっての「孝行息子」であることは間違いないでしょう。

これらを見るに、少なくても「過去」はとても順調であることに疑いの余地はありませんが、「将来」はどうでしょうか?今回は、アメリカのレストランレビューサービスYelpとの比較から、食べログの将来を考えてみたいと思います。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月(=今月末まで)無料です。今月末までに解約すれば費用はかかりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Yelpの業績まとめ
・食べログとYelpのユニットエコノミクスの比較
・食べログの「3つの伸びしろ」はここにあり

----------------------------

この続きをみるには

この続き:1,585文字/画像7枚
記事を購入する

「食べログ」はまだまだ伸びしろが大きいと思った件

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
33

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。