見出し画像

Q. FinTechコンサルのAtlas technologiesが設立4年で上場。急成長を実現した収益源とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote

----------------------------

ヒント:●●の大きな伸び。

この記事はhikoさん(企画・リサーチ担当)と編集部の共同制作です。

画像1

FinTech領域のコンサルティングサービスを手がけるAtlas Technologies株式会社が2022年10月26日に上場予定と発表しました。Atlas Technologiesは2018年1月設立で、わずか4年8ヶ月での上場となります。

船井総研の調査によると、2021年に上場した会社の設立から上場までの平均期間は約19年でした。Atlas Technologiesはいかにしてここまでの急成長を成し遂げ、短期間で上場計画に至ったのでしょうか。

今日はAtlas Technologiesについて、急成長した理由と、今後の成長戦略をまとめてみました。


創業者の意外な経歴

Atlas Technologiesの創業者であり、代表取締役の山本浩司氏は2005年に慶應義塾大学を卒業後、JAXAに入社しています。宇宙飛行士の選抜プログラムの企画実行や、国際宇宙ステーション、スペースシャトルのフライトコントローラー、JAXAのオープンイノベーションプログラムを推進していたそうです。

その後、ソフトバンクにてVisaやMastercard、AppleやGoogleなどグローバル企業とのプロジェクトを推進していました。大企業とビジネスをした経験を元に、自らコンサルティングの会社を立ち上げるに至っています。


Atlas Technologiesの事業概要

Atlas Technologiesは「あらゆる産業とFintechの融合」をミッションに掲げて、決済を中心としたFintech領域のコンサルティングサービスと実行支援を提供しています。

どこかの子会社ではなく、独立系であることから中立的にパートナーを選定し、戦略策定からその後の要件定義、システム設計、業務構築などの実行まで一気通貫でサービスを提供しています。

画像2

Atlas Technologiesは難易度の高いFinTech領域に特化し、専門性を有しています。

一般的にFinTech領域は規制産業であり、関連する法令や規制が多く存在していたり、ライセンス取得の難易度が高かったり、またシステム構築のハードルが非常に高いと言われています。

たとえば、決済サービスであれば電子決済等代行業​​のライセンス取得が必須で、システムも簡単なものでは成立しません。データ処理方法の検討や、不正対策やサイバーセキュリティ強化も非常に重要です。


顧客から喜ばれかつ利益率の高いビジネスモデル

画像3

上図は、Atlas Technologiesが支持される理由である提供価値を分かりやすく示しています。

通常のシステム導入だと、企画はコンサル、設計開発、運用はSIerとなりプロセス間の分断が起こります。つまりプロジェクトをコントロールする責任は顧客が負うことになります。

Atlas Technologiesは、全ての工程を一気通貫で提供することで、顧客側の負担を減らしています。また、運用時のトラブルなど通常のコンサルだけでは把握できない課題もノウハウとして貯めることが可能です。

このように痒い所に手が届くサービスを提供しているからこそ、高い利益率を実現することが出来るのでしょう。ITコンサル業界でもアクセンチュアを始め、戦略立案から実行まで一気通貫で提供する会社は増えており、業績も順調です。

グッドパッチも一気通貫サービスで成功していることは、以前の記事でご紹介しました。受託企業、コンサル企業の営業利益率の目安に関しても紹介しているので、ぜひご一読ください。

ここまで、Atlas Technologiesの事業概要について説明しました。

記事の後半では、Atlas Technologiesの業績を分析したあと、国内外の決済市場環境、今後のAtlas Technologiesの成長戦略をまとめています。

この記事は、FinTechに関心のある方、決済サービスに関心のある方に最適な内容になっています。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. FinTechコンサルのAtlas Technologiesが設立4年のスピード上場、急成長を実現した収益源とは?の答え
・Atlas Technologiesの業績
・電子決済を取り巻く、国内外の環境はどう変化するのか
・今後の成長戦略とは?
・まとめ

----------------------------

ここから先は

3,532字 / 7画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!