見出し画像

もはや日本を遥かに凌駕する中国のインターネットで知っておくべき5つの事実

前回に続いて、「Internet Trends 2016」から大事なテーマをピックアップします。今日は、急成長中の中国のインターネット事情に関してです。

中国=ネット後進国、というイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、もはやそんなことはありません。むしろ日本より(場合によってはシリコンバレーより)も進んでいるというステージに来ているケースがほとんどです。

今週のAppleのカンファレンスWWDCでも、キーノートの中で、中国のネットサービスが登場するシーンが多々ありました。(日本のサービスで登場したいのはLINEだけだったと思います。それもロゴだけ。)

今まではアメリカ(シリコンバレー)だけを見ていれば、ネットの最新トレンドが分かったという時代だったと思いますが、これからは中国のトレンドも見逃せません、という話です。


サービス産業がGDPの50%以上を占める中国

中国は過去10年間でGDPが4倍以上に成長しています。内訳は、図にある通りですが、GDPの50%超がサービス産業で、GDP成長のうち87%がサービス産業によるものです。

このうち、ネット産業がどの程度貢献しているのでしょか。以下で詳細を見ていこうと思いますが、規模感だけではなく、既存産業をネットが凌駕している様子にはすさまじいものがあります。アメリカや日本といった「ネット先進国」とは全く異なる成長をしている点に注目してみてください。

「中国なんて私・僕のビジネスに関係ない」と言っていられる時代はもう終わると思います。間違いなく世界最大のネット大国になる中国を無視していられる時代は終わるでしょう。これまではシリコンバレーから「輸入」されるサービスが多かったかと思いますが、今やものによってはシリコンバレーよりも圧倒的に進んでいるのが中国です。

以下で、「中国のインターネットで知っておくべき5つの事実」を整理します。


事実1: ネット人口は6.7億人、人口比49%、YoY +6%

既に日本の人口の約6倍のネット人口がいます。人口比で約半分がネットに繋がっていますが、年成長率はYoY +6%と鈍化しています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月(=今月末まで)無料です。今月末までに解約すれば費用はかかりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・事実2: 主要3社でネット利用時間の●●%超を占める
・事実3: 中国のネット広告費は、既に●●を超えている
・事実4: 小売の主役は●●
・事実5: ●●が先進国を凌ぐペースで急拡大
・まとめ: 脆弱だったインフラ+スマホ = モバイルファースト

(尚、有料部分の大半は「Internet Trends 2016」の解説になりますので、英語版のスライドを自分で読み解けるよ、という方は購入不要かもしれません。)

----------------------------

この続きをみるには

この続き:1,371文字/画像8枚
記事を購入する

もはや日本を遥かに凌駕する中国のインターネットで知っておくべき5つの事実

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
33
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。