見出し画像

Q. コストコ、ウォルマート、ターゲットに見るUSの小売大手の戦略とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:この記事では、 (1)店舗数、(2)1店舗あたり売上、(3)売上構成の3つの指標から、米国小売大手3社の戦略を考察しました。

本日は、米国小売の大手企業であるコストコ、ウォルマート、ターゲットの3社の戦略を解説します。

ご存知の方も多いと思いますが、コストコは会員制の大型量販店チェーンとして世界中で事業展開しています。そして、ウォルマートは世界最大の小売企業、ターゲットはウォルマートやコストコと共に大手小売企業と言われています。

そんな米国小売大手3社の決算情報を見てみると、同じ小売企業であるにも関わらず、各社特徴のある戦略を展開していることがわかりました。

読者の皆様もどのような戦略の違いがあるのか、予想しながら読み進めてください。

注: この記事では、$1 = 100円(1ドル = 100円)として、日本円表記を併せて記載しています。


各社の売上高の推移

まずは、米国小売大手3社の売上を見てみましょう。

●コストコ

コストコの売上は右肩上がりに成長しているものの、FY2023は成長率が1桁台で推移しており、FY2023Q4時点で$78.94B(約7兆8,940億円)、YoY+9.5%です。

●ウォルマート

次に、ウォルマートの売上はFY2022以前は概ね横ばいで推移していたものの、FY2023以降は成長率が回復しており、FY2024Q2時点で$161.63B(約16兆1,630億円)、YoY+5.7%です。

●ターゲット

最後にターゲットの売上は概ね横ばいで推移しており、FY2023Q2時点で$24.77B(約2兆4,770億円)、YoY▲4.9%と、前年比でマイナス成長です。

3社の決算情報をまとめると、売上規模はウォルマートがコストコの2倍超の規模であり、売上成長率は直近やや鈍化しながらもコストコが最も高く、反対にターゲットは前年比でマイナス成長でした。

【売上】
ウォルマート($161.63B)
コストコ($78.94B)
ターゲット($24.77B)

【売上成長率】
コストコ(YoY+9.5%)
ウォルマート(YoY+5.7%)
ターゲット(YoY▲4.9%)

ここまで、米国小売大手3社の売上について情報を整理しました。記事の後半では各社のKPIからどのような戦略の違いがあるのか、詳しく解説していきます。

この記事は、小売事業に従事する方や企業の戦略分析に関心がある方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. コストコ、ウォルマート、ターゲットに見るUSの小売大手の戦略とは?の答え
・実は全く異なる3社の実態とは?
・市場からの評価はどうなのか?
・まとめ


ここから先は

2,403字 / 5画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!