見出し画像

【web3事例DB】10/29更新: 暗号資産プラットフォームBeluga、メタバースで没入型体験を提供するUpland等

昨年よりサービスを開始している「web3事例データベース」の2023/10/29分の更新が完了しました。

web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$1M(約1億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。

また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、10/29更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。

10/29の更新情報

今週の更新分では、以下の7件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Upland: $7,000,000(10/20)

  • Beluga: $4,000,000(10/20)

  • Ryder: $1,200,000(10/20)

  • Pop Social: $4,000,000(10/20)

  • Coin Metrics: $6,700,000(10/19)

  • Fileverse: $1,500,000(10/17)

  • Squads Labs: $5,700,000(10/16)

今日はこの中から2件、注目のプロジェクトをご紹介します。

10/29更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

暗号資産プラットフォーム Beluga

Belugaは、ユーザーに対して複雑な暗号通貨エコシステムのナビゲートを提供し、経験のレベルに関係なくすべてのユーザーが暗号資産にアクセスし、簡単に使用できるようにすることを目指しています。

同社のソフトウェアツールは、DeFi、NFT、web3ゲーム、ステーキング、金融商品など、暗号資産エコシステムの様々な分野をカバーし、ユーザーをナビゲートするようなガイドやツールを開発しています。

メタバースで没入型体験を提供する Upland

Uplandは、メタバースを通じて現実世界にマッピングされた没入型のweb3エクスペリエンスを開発・提供しています。

EOSブロックチェーンに300万を超えるアカウント、約30万人の仮想不動産所有者を保持しており、新しいカーレースアプリ、ゲーム内レーシング機能、サードパーティ開発者プラットフォームなどの機能を継続的にリリースしているプロジェクトです。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

ここから先は

471字

¥ 50,000 (数量限定:残り 1 / 1)

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!