見出し画像

Q. Twitterのユーザーは1ヶ月のうち何日利用しているのか?

新着記事を(無料で)LINEへお届けします。以下のリンクからLINEで友達登録してください。
https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

Q. Twitterのユーザーは1ヶ月のうち何日利用しているのか?

A. 約13日。Facebookユーザーは1ヶ月のうち約20日。

今日の記事では、Twitterのユーザー利用動向を中心に見ていきたいと思います。後半ではFacebookやSnapとの比較も行います。

それでは早速Twitterの2018年10月から12月期の決算を見ていきましょう。

Twitter Q4 2018 Earnings(2019/2/7)

広告売上は四半期あたり$791M(約791億円)でYoY+23%となっています。アメリカ国内と国外もそれぞれ20%以上の成長をしており、売上という意味では高い成長率を保っていると言えるでしょう。

営業利益はYoY+88%の$207M(約207億円)となり、営業利益率が23%とかなり利益率が上がった四半期でした。


Twitterの決算資料における大きな変化

安定的に利益が出るようになってきたTwitterではありますが、今回、今後の決算資料の発表項目に関して大きな変更がアナウンスされました。

これまでユーザー数を表す指標として、「月間アクティブユーザー数=MAU」を公表してきましたが、これからは「日次のアクティブユーザー数であるDAU」を指標として公開していくというアナウンスがなされました。

今回が最後となる月間アクティブユーザー数=MAUを見てみると、グローバル全体で前年同期比900万ユーザー減の3億2,100万ユーザーとなっています。

一方で、今回から新たに開示されることになった日次のアクティブユーザー数=DAUを見てみると、前年同期比で1,100万ユーザー増えて、1億2,600万ユーザーとなっています。

これらの数字から読み取れることとしては、継続的に毎月利用してくれるユーザーは減少しているものの、頻繁に利用するユーザーが増えているということになります。

別の言い方をすると、全体のパイはあまり大きくなっていないものの、一度使い始めたユーザーがより頻繁に使ってくれるサービスになっているとも言えます。

SNSのようなサービスを評価する際によく利用するのが、DAU ÷ MAUで計算される「エンゲージメント率」と呼ばれる指標です。以下ではこの DAUとMAUを使って、Twitter、Facebook、Snapの三社を分析してみたいと思います。

この記事は、メディアビジネスを担当されている方、コミュニティビジネスを担当されている方、エンゲージメントや継続率に課題を感じている方に役立つ内容となっています。
TwitterやFacebookそしてSnapは非常にエンゲージメントが高いサービスなので、これらの会社の数字をベンチマークとして理解しておくことは、皆さんの日々の仕事にも役立つと思います。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Twitterのエンゲージメント (DAU÷MAU)から読み取れることとは?
・Twitter・Facebook・Snapのエンゲージメント (DAU÷MAU)の比較
・Twitter・Facebook・Snapの1ユーザーあたりの広告売上(ARPDAU, ARPMAU)の比較
・Twitter・Facebook・Snapの比較まとめ

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,695文字/画像6枚
記事を購入する

Q. Twitterのユーザーは1ヶ月のうち何日利用しているのか?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
57

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。