見出し画像

AbemaTVとNetflixの「ファイナンス思考」の違い

新着記事を(無料で)LINEへお届けします。以下のリンクからLINEで友達登録してください。
https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

今日の記事では、サイバーエージェントのAbemaTVと、Netflixの、コンテンツ投資に対する考え方の違いを、詳しく見ていきたいと思います。

両者ともコンテンツへかなり積極的な投資を行っていますが、よく見てみるとコンテンツ投資に対する「ファイナンス思考」に大きな違いがあります。

「ファイナンス思考」という言葉が初耳だという方は、ぜひこちらの名著をオススメします。

ファイナンス思考


AbemaTVの売上は年63億円、前年比約3倍の成長

まずは、サイバーエージェントの決算から見ていきましょう。

サイバーエージェント 2018年9月期通期 決算説明会資料

2018年度の1年間で、売上はYoY+13%の4,195件と、二桁成長が続いています。

営業利益は、新規事業と投資育成事業を除外して考えると483億円と、 YoY+3.4%と、ほぼフラットになっています。

今回から、AbemaTV単体での売上が公開されていますが、2018年度は売上が63億円、営業損失が208億円となっています。

既に報道等でご存知の方も多いかもしれませんが、2019年度の見込みとしては、売上は引き続き二桁成長を狙いつつも、AbemaTVへの投資を継続して、営業利益はフラットになるという予測が出ています。


Netflix: 有料会員は1億3,000万人超え、四半期の売上はYoY +34%の$4B(約4000億円)

続いてNetflixの方も、簡単に決算を振り返っておきましょう。

Netflix Third Quarter 2018 Earnings: Letter to Shareholders (opens in new window)

売上は四半期あたり約$4B(約4,000億円)で、前年同期比+34%と、早いペースでの成長が続いています。営業利益は$481M(約481億円)、営業利益率が12%でした。

有料会員は1億3,000万人を超えています。

Netflixの、一週間あたりの有料会員数の増加分をグラフにしたものがこちらになりますが、年々増加ペースが早くなっていることが見て取れます。

このペース成長を支えているのは、Netflixが独自に制作するオリジナルコンテンツになるわけですが、オリジナルコンテンツの影響力がどの程度あるのか、と言う問いに関して、興味深いデータが公開されているので、見てみましょう。

そのデータとは、Netflixのオリジナルコンテンツに出演している俳優の、 Instagramにおけるフォロワー数です。

グレーのグラフが出演前のフォロワー数、赤いグラフが出演後のフォロワー数になりますが、Netflixのオリジナルコンテンツに出演することで、Instagramのフォロワー数が大きく伸びている俳優が多い、ということがご覧頂けると思います。

両者とも、コンテンツに大胆な投資を行い、それによってユーザー獲得が加速している状況であるという点は同じですが、コンテンツ投資のアクセルの踏み方と考え方に、大きな違いがあります。

今日の記事では、そのコンテンツ投資に対する「ファイナンス思考」の違いを見てみようと思います。

この記事は、コンテンツビジネスに携わっている方、CFOなど財務系の仕事をされている方、資金調達をして急成長するスタートアップを経営されている方に、役立つ内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・サイバーエージェントの「ファイナンス思考」
・Netflixの「ファイナンス思考」
・サイバーエージェント(AbemaTV)とNetflixの「ファイナンス思考」の違い

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,623文字/画像4枚
記事を購入する

AbemaTVとNetflixの「ファイナンス思考」の違い

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
53

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

サイバーのソフトウェア投資はAbemaTVではなくゲーム事業にかかるものだと思われます。
17.9月期の【設備の状況】でソフトウェア資産の状況を見ると、AbemaTVが5億ちょっとに対し、Cygamesは90億弱となってます(今後有価証券報告書で詳細開示されると思いますが。。)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。