見出し画像

Q. スキマバイトのタイミーが上場承認!競争激化する市場の勝ち筋とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote

----------------------------

ヒント: スキマバイト市場は、メルカリやリクルートなど、巨大な資本を持つ企業が参入を表明しており、競争激化することは間違いないでしょう。

2024年6月21日、スキマバイトサービスを提供する株式会社タイミー(以下、タイミー)の東証グロース市場への上場が承認されました。

タイミーは過去に複数回の大型資金調達をしており、想定時価総額1,200億円超の巨大IPOとなることから、かなり注目されている企業です。

そんなタイミーが開拓する”スキマバイト”市場は、メルカリやリクルートなどの巨大な資本を持つ企業が参入し、今後熾烈な競争となることが予想されています。

この記事では、タイミーの決算内容や競合比較を通して、タイミーが競争激化する市場で勝ち抜くためのポイントを考察しました。


タイミーが新規上場

タイミーは2017年8月に創業された、スキマバイト「Timee(タイミー)」を運営する企業で、サービスリリース以降、大型の資金調達を繰り返しており、TVCMやWeb広告など積極的なマーケティング施策を展開していたことから、多くの方がご存じでしょう。

上場予定日は2024年7月26日で、想定時価総額は1,265億円と、直近のIPO銘柄と比較しても非常に大きな規模感です。


スキマバイトとは?

タイミーは、「この時間だけ働きたい人(ワーカー)」と、「この時間だけ人手を確保したい企業(クライアント)」をマッチングするプラットフォームビジネスで、求人のジャンルとしては、物流が最も多く、次いで飲食や小売によって構成されています。

企業側には初期費用・掲載費用0円の完全成果報酬型でサービスを提供しています。企業からワーカーへ支払う「給与+交通費」の30%が、手数料としてタイミーの売上になります。

次章からは、タイミーの決算内容に加えて、タウンワークやバイトルなどの「中長期の就業を前提としたアルバイト求人サービス」との比較やスキマバイトの競合サービスとの比較を通して、タイミーが熾烈な競争を勝ち抜くためのポイントを考察します。

この記事は、タイミーを利用してみたい方や、競合分析・成長戦略に関心がある方に最適な内容になっています。 

----------------------------

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. スキマバイトのタイミーが上場承認!競争激化する市場の勝ち筋とは?の答え
・巨大かつ成長が期待される魅力的な市場
・トップラインの急拡大と黒字化を両立
・一般的なアルバイト求人サービスとの比較
・競争激化するスキマバイト市場
・競争激化する市場でタイミーが勝ち抜くには?
・タイミーの成長戦略
・まとめ

----------------------------

ここから先は

3,637字 / 9画像
この記事のみ ¥ 500
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!