見出し画像

Q. 食べログ vs ぐるなび vs 出前館: コロナ禍のレストラン向けサービスの勝者は誰?

新着記事をTwitterやLINEでお届けします。以下のURLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

ヒント:コロナ禍における3社のビジネスモデル・戦略の差がポイントです。

この記事はゆべしさんとの共同制作です。

新型コロナウイルスにより、大きく影響を受けている業界の1つとして飲食業界があります。緊急事態宣言や外出自粛、営業時間短縮の要請などにより、多くの飲食店は売上減少が続き、中には廃業に追い込まれる飲食店も少なくありません。

そのような飲食店向けにサービスを展開している「食べログ、ぐるなび、出前館」の3社については、読者の皆さんもよくご存知でしょう。新型コロナウイルスにより飲食業界は大打撃を受けていますが、この3社には果たしてどれほどの影響があったのでしょうか。

今回の記事では、記事の前半で3社の売上や有料加盟店舗数を比較し、記事の後半では、3社のそれぞれの戦略や注力ポイントを比較して、このコロナ禍で勝者といえるサービスはどれか、読み解いていきます。

この3社の中に、圧倒的に業績を伸ばした勝者がいます。勝者はどの企業なのか、そしてその要因は何なのか、予想しながら読み進めてみてください。


食べログ vs ぐるなび vs 出前館: 売上・成長率の比較

まずは3社の売上を比較していきましょう。

出前館 2021年8月期第2四半期決算説明会資料(2021年3月26日)

価格コム 2021年3月期第3四半期決算説明資料 (2021年2月3日)

ぐるなび 2021年3月期 第3四半期決算説明会資料(2021年2月4日)

画像1

まずは食べログの売上から見ていきます。食べログは株式会社カカクコムが運営するレストラン検索・予約サイトです。2021年3月期の第1四半期は新型コロナウイルスの影響により大きく売上が減少するも、第3四半期では73.7億円(YoY+4.6%)と、コロナ前の売上を超えています。

画像2

食べログの売上は、「飲食店販促」、「ユーザー会員」、「広告」、「業務受託に係る収入」の4つのセグメントで構成されており、食べログの売上の約7割は飲食店販促が占めています。

また、飲食店販促および、ユーザー会員、広告の各売上はいずれもYoYでマイナスとなっていますが、この四半期からGo to Eatキャンペーン等の受託である業務受託に係る収入が計上されていることにより、結果として売上は73.7億円でYoY+4.6%となっています。

画像3

次にぐるなびを見ていきます。ぐるなびの2021年3月期の第3四半の売上は62.2億円(YoY▲24.7%)、営業利益は▲13.1億円です。12月の賞与支給見送りの影響を加味すると、売上および営業利益は第1四半期から順調に回復しつつありますが、まだコロナ前まで回復しておらず、前年比で売上はマイナスとなっています。

画像4

ぐるなびの売上は、「飲食店販促サービス」、「プロモーション」、「関連事業」の3つのセグメントで構成されています。更に飲食店販促サービスは、年間契約の加盟店収入であるストック型サービスの収益と、ネット予約が発生した際の手数料であるスポット型サービスの収益に分類されます。

これまでストック型サービスの収益がぐるなびの売上全体の7〜8割ほどを占めていましたが、この四半期ではスポット型サービスの収益と、Go to Eatキャンペーンによる追い風を受けたプロモーション収益が大きく成長しています。

しかしながら、収益の柱となっているストック型サービスの収益の回復が大きく遅れていることで、結果として売上は前年比マイナスとなりました。

画像5

また、このストック型サービスの収益は、新型コロナウイルス感染再拡大の影響による飲食店の経営状況悪化に伴い、来期も減少を見込まざるを得ない状況です。

ストック型サービスがこれまで収益の柱であったため、ぐるなび全体でコロナ前の水準まで売上が回復するには、スポット型サービス収益やプロモーション、関連事業の成長が必要です。

画像6

最後に出前館の売上を見ていきます。出前館の2021年8月期第2四半期の売上は62.4億円(YoY+210%)で着地しました。

出前館の売上は、①サービス利用料と、②配達代行手数料、③その他で構成されており、追って詳述しますが、サービス利用料は出前館を利用する加盟店の売上のうち10%、配達代行手数料は注文が入った際に出前館に配達を依頼する加盟店の売上のうち25%が、出前館の売上となります。

上図から、今回の大幅な増収を牽引したのは配達代行手数料です。配達代行手数料の売上はYoY+849%と、前年から約10倍の急成長となっています。

また、これまで出前館の売上はサービス利用料が中心でしたが、この四半期では配達代行手数料の売上がサービス利用料を超えていることがわかります。これは新型コロナウイルスの影響により、外出自粛となったことによるデリバリー需要の拡大で、配達代行を依頼する加盟店が増えてきたためでしょう。


食べログ vs ぐるなび vs 出前館: 加盟店舗数の比較

次に3社の有料加盟店舗数を見ていきます。

画像7

まず、食べログの有料加盟店舗数はネット予約にフォーカスした新プランをリリースした影響で、過去最大の5.99万店舗で着地しました。このネット予約キャンペーンプランを除くと、有料加盟店舗数は4.84万店舗で微増しています。

画像8

次にぐるなびの有料加盟店舗数を見ていきます。上図より有料加盟店舗数は2020年9月まで減少傾向にあったものの、以降はGo to Eatキャンペーンの効果により徐々に回復傾向で、2020年12月時点では5.68万店舗となっています。

画像9

最後に出前館の有料加盟店舗数を見ていきます。出前館の有料加盟店舗数は順調に増加しており、2021年2Qでは5.9万店舗(YoY+179%)と、急成長していることが分かります。

ここまで売上と有料加盟店舗数を比較してきましたが、売上は食べログが73.7億円とやや優勢、有料加盟店舗数はコロナ前はぐるなびの圧勝でしたが、コロナ禍では3社ともほぼ同数となっていることが分かりました。

続いて記事の後半では、3社の戦略やフォーカスしているポイントを見ていきましょう。

この記事は飲食店向けのビジネスに興味がある方、市場に大きな変化があった際の経営戦略に興味がある方に最適な内容になっています。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1,000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 食べログ vs ぐるなび vs 出前館: コロナ禍のレストラン向けサービスの勝者は誰?の答え
・食べログの重点フォーカス:●●
・ぐるなびの重点フォーカス:●●
・出前館の重点フォーカス:●●
・まとめ

この続きをみるには

この続き: 3,340文字 / 画像9枚
記事を購入する

Q. 食べログ vs ぐるなび vs 出前館: コロナ禍のレストラン向けサービスの勝者は誰?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
27
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。