見出し画像

決済端末Squareの絶好調を支える3つの差別化戦略

以前一度Squareに関して書いたnoteが好評だったので、今回はその続編を書いてみたいと思います。

FinTechのパイオニア Squareの3つの「ここが凄い」

ご存知の方も多いと思いますが、Squareは上の写真にあるような小型の決済端末を提供している会社です。

早速決算資料を見てみたいと思います。

取扱高は$16.4B(約1兆6,400億円)で、YoY+32%と非常に高い成長率になりました。

売上は$552M(約552億円)でYoY+26%と、こちらも高い成長率になっています。

営業利益は$−16M(約−16億円)で未だに赤字ではありますが、前年同期で大きく改善してきています。

このSquareの成長を支える最大の要因は、大規模な店舗での利用が加速している点にあります。

Squareの決済端末を利用している店舗の年間取扱高を見てみると、図の紫の部分である、年間売上が5,000万円を超える店舗でのシェアが大きく増えていることがよくわかります。

これらの大規模店舗による取扱高が、Square全体の取扱高の46%を占めると言われています。

サービスリリース当初は、年間売り上げが1,250万円以下の比較的小規模な店舗で利用されていたSquareですが、そこから徐々に、大きな店舗にも普及が加速していると言うのが現状です。

以前はスターバックスでの決済をSquareが取り扱っていた時期もあり、スターバックスとの契約が終了になるというアナウンスがされた際に最大顧客を失う事を心配をした投資家も多数いましたが、今となってはそんな不安を忘れさせるほど、順調に成長は続いています。

今日のnoteでは、そのSquareの強さの源泉である3つの差別化戦略を取り上げてみたいと思います。

決済端末というサービスそのものは、一見すると全く差別化要因が無い、ある意味誰でも真似できてしまうサービスにも見えますが、Squareの差別化戦略はとても上手くいっているように見えます。

日本でも似たような決済端末を提供しているサービスが複数あるかと思いますが、Squareの3つの戦略はそういったプレーヤーのみなさんにも参考になるのではないでしょうか。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4~8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・「#1 運転資金を提供するSquare Capital」
・「#2 運転資金を提供するSquare Cash Card」
・「#3 POS端末からCRMツールへの進化」
・まとめ

----------------------------

この続きをみるには

この続き:1,730文字/画像6枚
記事を購入する

決済端末Squareの絶好調を支える3つの差別化戦略

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
23

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

【法人用・転送可】決算が読めるようになるマガジン

「決算が読めるようになるマガジン」と同内容の法人用です。転送・回し読みしたい方向けです(社内限定)。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。