Q. コロナ禍後半の広告関連ビジネスで最大の成長率を誇るのは?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Q. コロナ禍後半の広告関連ビジネスで最大の成長率を誇るのは?

新着記事をTwitterやLINEでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

ヒント:各社とも広告収益は前年比で大きく成長していますが、1社が圧倒的な成長を見せています。

この記事はゆべしさんとの共同制作です。

2021年4-6月のGAFAMの決算が発表されました。各社の全体の決算内容の分析も学びが多いのですが、本日は一歩踏み込んで、Facebook、Google、Amazonの「広告ビジネス」に注目していきます。

2019年末から世界的にコロナウイルスの感染が拡大し、多くのビジネスに影響を及ぼしています。現在ではワクチン接種が進んでいますが、経済状況はまだ完全に回復したとは言えない状況で、いわゆる「コロナ禍後半戦」と言えるでしょう。

このコロナ禍後半戦において、Facebook、Google、Amazonの3社の広告ビジネスの決算内容を整理し、3社の中で最も広告収益が成長した企業はどこか見ていきます。また、最後には各社の広告ビジネスの成長要因を考察していきます。

ちなみに、2021年1-3月のGAFAの決算内容はこちらにまとめていますので、興味のある方はこちらもご参照ください。


GAFAMの2021Q2の決算

各企業の広告事業の決算内容を見ていく前に、まずは2021年4-6月におけるGAFAMの全体の決算内容を見てみましょう。2021年7月末に「決算が読めるようになるノート」のTwitterで投稿したこちらをご覧ください。

各社の売上・営業利益の規模感もさることながら、全ての企業が前年比で増収増益で、特にGoogleとFacebookの四半期売上成長率がYoY+50%以上と、力強い決算内容となっています。

このような全体の決算内容において、Facebook、Google、Amazonの「広告ビジネス」はどのように推移しているのでしょうか。次章からは各社の広告ビジネスの決算内容を順番に見ていきます。

この記事では、1ドル=100円($1 = 100円)として、日本円も併せて記載しています。


Facebookの広告ビジネス 2021Q2決算

Facebook Earnings Presentation Q2 2021(2021年7月28日)

Facebook, Inc. (FB) Second Quarter 2021 Results Conference Call(2021年7月28日)

画像1

まずはFacebookの広告収益を見ていきます。

Facebookの2021年4-6月の四半期広告収益は、$28.6B(約2.86兆円)で、YoY +56.0%と、コロナの影響を受けた前年から大きく成長しています。

画像2

次に、FacebookのARPU(1ユーザーあたりの広告収益)は、$9.95(約995円)でYoY+44.0%です。前年比でARPUが大きく成長していることから、コロナ禍で減少した広告単価が回復してきているものと思われます。

また、地域別で見ると、広告収益の約5割を占める「US & Canada」のARPUは$51.58(約5,158円)でYoY+45.0%と、全体のARPUと比較して約5倍ほど高くなっています。

ここまで、GAFAMの全体決算と、Facebookの広告ビジネスの売上・ARPUを見てきました。記事の後半では、GoogleとAmazonの広告ビジネスの決算内容を整理し、コロナ禍後半で、広告ビジネスの売上成長率が高いのはどの企業か見ていき、各社の広告ビジネスの成長要因を考察していきます。

この記事は、広告ビジネスに従事されている方や、GAFAの広告ビジネスに興味のある方に特におすすめな内容となっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. コロナ禍後半の広告関連ビジネスで最大の成長率を誇るのは?の答え
・Googleの広告ビジネス 2021Q2決算
・Amazonの広告ビジネス 2021Q2決算
・まとめ:広告ビジネスの伸びはどこから来ているのか?

この続きをみるには

この続き: 3,363文字 / 画像5枚
記事を購入する

Q. コロナ禍後半の広告関連ビジネスで最大の成長率を誇るのは?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。