見出し画像

SaaS企業の評価額の決め方 2018年版

新着記事を(無料で)LINEへお届けします。以下のリンクからLINEで友達登録してください。
https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

今日の記事では、株式投資コーナーでいただいた質問に回答しながら、SaaS企業の評価額の決め方の最新事情を書いてみたいと思います。


Q&A: パスワード管理の米OKTA社について

アメリカOKTA社にとても興味があります。
パスワードの一括管理は現在も誰もが困っている事ですし、今後益々需要が拡がると思います。
事業の現状と今後の展望のご意見を是非聞かせて下さい。
合わせて株価の見立てもお聞かせ下さい。
宜しくお願い申し上げます。

OKTAという会社は、ご存知ない方も多いかもしれませんが、パスワード一括管理などのいわゆるIdentity Managementと呼ばれるサービスを提供する会社です。

昔とは異なり、今は大企業であってもSaaSなどの外部サービスを利用するケースが増えていますので、どの従業員がどのサービスに、どの権限でアクセスをできるように設定するのか、という問題は、会社が大きくなればなるほど、セキュリティ的に悩ましい問題になります。

OKTAは、それらの問題を一元的に管理解決するサービスを、SaaSとして提供している会社です。

競合としてはOnelogin社などがあります。

簡単に決算を見てみましょう。

Okta, Inc. Supplemental Financial Information, Non-GAAP Financial Measures, and Other Metrics

直近の四半期で、売上が$95M(約95億円)、YoY成長率が+58%、営業利益が△$39M(約39億円)となっています。

営業利益率が△41%、売上のYoY成長率が58%なので、足すと+17%となり、SaaSにおける「40%ルール」には満たない水準となっています。

40%ルールというのは、
・売上のYoY成長率
・営業利益率
の合計が40%を超えているようにすべし、というものです。

直近の四半期をベースにした ARR (Annual Recurring Revenue、年換算売上) は $380M(約388億円)です。

一方で、時価総額は本稿執筆時点で$6.09B(約6,090億円)となっていますので、ARRベースでのマルチプルを見ると約15倍という計算になります。

以下では、SaaS企業の評価額の決め方を、未上場企業の場合と上場企業の場合との情報で、それぞれ詳しく見た後に、OKTAの時価総額がSaaS企業全体の中でどのような位置付にあるのかを、詳しく見てみたいと思います。

この記事は、SaaSでサービスを提供している方、SaaS企業を経営している方、エンジェルやベンチャーキャピタルなどで投資をしている方に役立つ内容になっています。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・未上場SaaS企業の評価額の決め方
・上場SaaS企業の評価額の決め方
・NTM倍率が大きい上場SaaS企業の一覧

----------------------------

この続きをみるには

この続き: 2,694文字 / 画像2枚
記事を購入する

SaaS企業の評価額の決め方 2018年版

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
44
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

この記事が入っているマガジン

決算が読めるようになるマガジン
決算が読めるようになるマガジン
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。