【web3事例DB】5/11更新: 3Dアバター生成のKinetix、世界で3番目に大きいメタバース「Next Earth」を運営するLimitless Holding等
見出し画像

【web3事例DB】5/11更新: 3Dアバター生成のKinetix、世界で3番目に大きいメタバース「Next Earth」を運営するLimitless Holding等

決算が読めるようになるノート

2022年4月よりサービスを開始している「web3事例データベース」の5/11分の更新が完了しました。


web3事例データベースでは、世界中のweb3関連企業やプロジェクトの$10M(約10億円)以上の資金調達をリスト化し、プロジェクト概要をお伝えしています。また、カオスマップで全体感を把握したり、注目の事例については事例スライドで確認することもできます。

こちらのnoteでは、5/11更新分のリストをご紹介すると共に、簡単にですが注目事例についてご紹介します。

↓web3事例データベースの詳細についてはこちらをご覧ください。


5/11の更新情報

今週の更新分では、以下の8件の企業・プロジェクトについての情報を追加しています。括弧内は資金調達発表日です。

  • Amberdata: $30,000,000(5/4)

  • Argo Blockchain: $70,600,000(5/4)

  • Kinetix: $11,000,000(5/4)

  • Covalent: $25,000,000(5/4)

  • Decrypt: $10,000,000(5/3)

  • Minka: $24,000,000(4/28)

  • Limitless Holding: $12,500,000(4/28)

  • Peculium: $10,550,000(4/27)

今週の更新分には1億ドル以上の大型調達はありませんでした。今週の特徴としては技術・ソリューション寄りのプロジェクトが多かったです。

今回も、web3らしさを感じられるプロジェクトの調達がいくつも見られました。そのうち、簡単にだけプロジェクトをご紹介します(詳細や全リストはweb3事例データベース購読者向けの内容となります)。

なお先週は5/4に17件の企業・プロジェクトについての情報を追加しました。2022年5月分のweb3事例データベースをご購入いただいた方は、ご覧いただけます。

5/11更新の注目プロジェクトをチラッとご紹介

ノーコード3Dアバター生成サービス: Kinetix

Kinetixは、2D動画から3Dアニメーションアバターを自動生成することができるサービスを運営しています。手付けでアニメーションを付けるには時間とスキルを要しますが、Kinetixを利用することですぐに完了できます。アニメーションはAdobeと連携し、強化しているようです。

世界で3番目に大きいメタバース「Next Earth」の運営: Limitless Holding

Limitless Holdingは、子会社のNext Earthで地球のレプリカのようなメタバースを運営しています。世界で3番目に大きいプラットフォームで、土地の希少性や距離の概念がないはずのメタバース空間内で土地売買が行われており、新たな市場として注目です。

ご興味のある方は、以下のnoteより詳細をご覧ください!

この続きをみるには

この続き: 571文字

web3の最新事例を日本語で分かりやすく、かつ、皆さんのお仕事で利用しやすい形(Googleスプレッドシート・Googleスライド)で提供…

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
決算が読めるようになるノート
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。