見出し画像

eBayとPaypalの離婚。幸せになったのはどっち?

離婚の原因

そもそも、なぜeBayとPaypalが離婚しなければならなかったのか、復習しておきましょう。これを理解するには、Paypalの歴史を知っておく必要があります。

Paypalは個人間の送金サービスです。サービス開始後、一番急成長したのは、実はeBayでの支払いに使われたからでした。それもあって、Paypalは株式公開後にeBayに買収されました。10年以上前のことです。

この時は、サービス間のシナジーが凄まじかった。一般的に、アメリカの投資家はコングロマリット(複数の事業が1つの会社下にある状態)を嫌がりますが、これだけシナジーがあるならまぁいいか、という状態が10年以上続いていました。ところが、時代はPCからスマホ主導に変わって、この事情が変わってきました、というのが離婚の背景です。


eBayの決算(2015年10-12月)

まずはeBayの決算を見てみましょう。

最初は売上。なんと、売上はYoY +0%です。(今期はアメリカ企業にとって為替が不利でしたが、為替影響を除外してもYoY +5%しか成長してません。)これはあまりいいニュースじゃないですね。

次に購買者数。過去12月間の購買者数がYoY +5%しか伸びてません。通常、スマホ化すると、購買者数(回数)が増えて、購買単価が少し落ちる、というのが一般的ですが、購買者数の伸びが頭打ちになっています。

最後に、ECビジネスで一番重要なKPIであるGMV。GMVというのは「流通総額」のことです。アメリカでYoYで+4%「しか」成長していません。(為替影響を除外してもYoY +5%しか成長してません。)流通商品数もYoY +4%のみの成長。ほぼフラットで辛いですね。

会社側が発表している、通年での成長率予測もYoY -1%〜+2%と非常にネガティブです。


Paypalの決算(2015年10-12月)

次にPayPalの決算を見てみましょう。

まずは売上。YoY +21%の$2.6B(約3000億円!)。成長率が凄いですね。この売上成長はどこから来ているのを少し見てみましょう。

Paymentビジネスで、ECのGMV(流通総額)に相当するのが、TPV(総支払額)。これがなんとYoY +29%も伸びてます。この規模で+29%の成長というのは凄まじいです。

次にアクティブユーザー数ですが、こちらも3ヶ月前に比べて660万ユーザー増えているとのことです。絶好調ですね。

最後にアクティブユーザーあたりのトランザクション回数ですが、これも綺麗なカーブで増えています。四半期に27.5回ということは、

約3日に1回はPaypalのサービスで支払いをしている

ということになります。もはや完全にインフラ企業の域に達していますね。


離婚後に幸せになったのはどっち?

以上を読んでいただければ、離婚後に幸せになったのがどちらか、というのは明白ですね。eBayは成長できずにいるのに対して、PaypalはYoY +25%以上の成長です。

以前は夫婦仲良くやっていたこの2社がなぜこんなに差がついてしまったのか、少し掘り下げてみたいと思います。


PayPalの何が上手く行っているのか?

最初に幸せな方から。決算資料のp6にヒントがあります。3つあります。

Mobile volume growth of 45%. Mobile represented 25% of TPV vs 21% a year ago

1. スマホでの支払いがYoY +45%も伸びた。スマホでの支払い額は全体の25%(1年前は21%)

Venmo volume up 174% to $2.5 billion in the quarter

2. Venmoという(買収した)サービスがあり、これが174%も伸びて、$2.5Bも支払いを処理した。

Since acquisition, Braintree full year volume has quadrupled

3. 数年前にBraintreeという決済APIの会社を買収しましたが、この会社の年間取扱額が買収時から比べて4倍になった。スマホアプリなどのアプリ内決済などで使われています。

Paypalの勝因は、一言で言うとこういうことかと思います。

スマホで勝ってる
1. (アプリ開発者に使われる)Braintreeの買収、統合が非常に上手く行っている
2. 個人間送金アプリのVenmoが急成長。


eBayの何が上手く行っていないのか?

↑に記載したGMVのスライド(p14)に小さくこんな記述があります。ヒントはコレ。

Q4 FX-Neutral global fixed price grew 12% Y/Y and auction-style listings declined 22% Y/Y

どういうことかというと、

固定価格販売はYoY +12%伸びたが、オークションスタイルの販売がYoY 22%減少した(為替影響を除外した場合)

ということでして、要は昔ながらの「最高落札価格で入札した人が買える」という形のオークションが嫌われているということですね。モバイルの時代、フリマアプリのように、固定価格で「サクッと」買える方が好まれている、ということなのでしょう。


スマホ時代のECに重要なことは?

これだけ決算が悪いと、eBayは今後どうしていくのか、ということを投資家に説明しなければなりません。決算資料では、冒頭で7ページも使って説明されているのが「Structured Data」という取り組みです。

「Structured Data」というのは、要は「商品カタログを強化」ということです。オークションやフリマの場合、「商品カタログ」が整備されいないと、2人の出品者が全く同じ型番の中古iPhoneを出品する場合に、2つの別々の商品として登録されてしまいます。

これは買う人側からすると困る場合があります。欲しいものが決まったのに、出品されている商品を検索して、一つずつどれが自分が欲しい型なのかさがさねばならず、とっても面倒ですね。もし、同じ型番の中古iPhoneが、一つのカタログ商品に紐付いていれば、そのカタログ商品の中から、価格を見ながら選べばいいので、だいぶ簡単になります。

つまり、eBayはオークションサイトとして、この「商品カタログを強化」に十分投資してこなかった。その上、PC時代に流行った「オークション形式」がスマホユーザーに嫌われている。この2つが決定的にダメージになっているということです。

スマホ時代のECに大事なことは、

欲しいものがサクッと探せて(商品カタログが整備されていて)、サクッと買える(オークションではなく固定価格)

ということなのでしょう。


-------------------

実はこれがはじめてのnoteです。いかがでしたでしょうか。気に入っていただいた方は、Facebook, Twitterなどでシェアしてください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
197
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

コメント8件

すごい!!勉強になります!!
素晴らしい投稿です!
ふむふむ。勉強になりました。
なるほどー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。