見出し画像

Q. 二桁成長を続けるAmazonの広告売上がさらに成長を続けそうな理由とは?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter:
https://twitter.com/irnote


ヒント:AmazonのFireTVが関係しています。

Amazonといえば世界最大級のECサービスを展開する企業ですが、実は「Amazon広告(Amazon Ads)」をはじめとした広告事業も展開しており、この広告事業の売上は2021年頃から前年同期比成長率で二桁成長を続けるなど、非常に好調に推移しています。

Amazon広告とは、世界最大級のECサービスであるAmazonに出稿する広告です。具体的にはAmazonに掲載している自社商品をユーザーに発見・購入してもらう目的で使用され、購入意欲の高いユーザーにリーチできるという特徴があります。

一般的に、売上規模の拡大に反比例して売上成長率は低減する傾向にありますが、Amazonの広告事業を詳しく見ていくと、今後も成長を続ける可能性が高いことが分かりました。

この記事では、これまで好調に推移していたAmazonの広告事業が、さらに成長を続けると予想できる理由について解説しています。

注: この記事では、$1 = 100円(1ドル = 100円)として、日本円表記を併せて記載しています。


Amazonの広告売上は二桁成長を継続中

まず、Amazonの四半期広告売上を見ると、2023年4-6月は$10.68B(約1兆680億円)、YoY+22.0%で、多少の季節性はありますが右肩上がりに成長しています。

また、前年同期比成長率(上図黄色折れ線グラフ)は概ねYoY+20%〜25%で推移しています。売上規模は四半期で$10B(約1兆円)を超える規模であることを踏まえると、驚異的な成長率といえるでしょう。


Meta、Alphabetと比較するとその差歴然

以下は、Amazonと同じGAFAMの中で広告事業を展開しているMetaとAlphabetとの売上成長率比較です。

上図を見ると、Amazonの広告事業の売上規模はまだMetaやAlphabetと比較して1/6〜1/3ほどの規模ですが、売上成長率を見るとAmazonが圧倒的に高いことが分かります。

ここまで、Amazonの広告事業の状況と、同じくGAFAMの中でも広告事業を展開するMetaやAlphabetとの比較を見てきました。

記事の後半では、これまで二桁成長を続けているAmazonの広告事業が、今後もさらに成長することが予想される理由について解説しています。

この記事は、広告事業に従事している方や企業の成長戦略に関心がある方に最適な内容になっています。


ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Q. 二桁成長を続けるAmazonの広告売上がさらに成長を続けそうな理由とは?の答え
・●●変更
・広告全体は停滞するのも●●の広告ビジネスは拡大中
・米国アドテクの雄トレードデスクも●●の売上が急成長を牽引
・一方で、●●の売上は低迷中
・まとめ


ここから先は

3,710字 / 6画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!