見出し画像

Q. 個人間送金サービスVenmoのテイクレートは?

Q. 個人間送金サービスVenmoのテイクレートは?

A. 現時点では0.27%

日本でも、キャッシュレス化を推進するために、 QRコード決済などの新しい決済方法が盛り上がってきていますが、今日はアメリカの PayPal傘下のVenmoの話をしたいと思います。

Venmoは元々、個人間送金アプリとしてサービスが開始され、PayPalに買収されたサービスです。

[銀行口座からでもアプリにお金を出し入れするのに基本的には費用がかからないので、割り勘などの用途で、オーガニックに急速にユーザーが拡大しました。

2017年には、Pay with Venmoというサービスを開始しました。このサービスは個人間送金だけではなく、お店などでVenmoで支払いができるというサービスです。

PayPalグループにJOINしたことで、PayPalが既に抱えている多くの加盟店に一気にVenmoを導入することが出来るようになったというのは非常に大きく、Venmoのマネタイズが徐々に始まってきています。

More than 2 million U.S. merchants enabled to accept Pay with Venmo

決算資料にこのように書かれていますが、200万店舗を超える加盟店で、Pay with Venmoが利用出来るようになっています。

今日の記事では、PayPalの決算資料から、Venmoのマネタイズの進捗状況を見ていきたいと思います。

日本のQRコード決済の今後は、マネタイズに時間がかかりそうな所が多いように見えますが、Venmoのケースは必ずしも同じサービスとは言えませんが、マネタイズの進捗という点では参考になるのではないかと思います。

この記事はFintechサービスを担当されている方、決済サービスを担当されている方、個人間送金ビジネスに携わっている方に役立つ内容になってます。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Venmoの取扱高はPayPal全体の10%超
・PayPalのモバイル取扱高の伸びがヤバイ: YoY +40%
・Venmoの取扱高 vs eBay経由の取扱高
・Venmoのテイクレートは?
・PayPal全体のテイクレートは、Venmoのテイクレートの●倍

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,459文字/画像6枚
記事を購入する

Q. 個人間送金サービスVenmoのテイクレートは?

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
25

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

決算が読めるようになるマガジン

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。