見出し画像

Q. 超大物SaaSのSnowflakeがIPO。売上成長率は何パーセント?

新着記事をTwitterやLINEでお届けします。以下のURLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g

----------------------------

A. ARR(年間経常売上)が$532M(532億円)以上を維持しながら、 前年同期比(YoY)で売上成長率+121%という驚異の成長スピードとなっています。

クラウドベースのデータウェアハウスを運営するSnowflakeが、9月16日にニューヨーク証券取引所に上場しました。上場初日に公募価格の約3倍の株価がつき、時価総額は$70B(約7兆円)でUberゼネラルモータースを超え、今回のIPOで$33.6億(3,360億円)を調達し、米ソフトウェア業界で過去最大の規模となりました。

なぜ、Snowflakeがここまで華々しいIPOを果たすことが出来たのか、今回はその実力を米国の上場目論見書にあたる「FORM S-1」から読み解いていきます。

*Snowflake Inc. FORM S-1


Snowflakeが提供するサービスとは?

画像1

Snowflakeは、AWS, Google Cloud, Azureといったクラウド上で動くデータウェアハウスを提供しています。あらゆるデータを一元的に管理できるだけでなく、データ活用に必要な全プロセスを一つのプラットフォーム上で行うことができます。

Amazon Redshift、Google BigQuery、Azure Synapseなどが直接の競合となります。


競合の中で最も速く成長

画像2

ここで、Snowflakeと競合サービスについて、顧客企業数とその成長率を比べてみましょう。(Snowflake以外は成長率データソース「HG Insights」の2020年9月22日時点の数字を利用https://discovery.hgdata.com/)

Amazon Redshift: 13,242社 (+4.4% YoY)
Google BigQuery: 8,511社 (+32.3% YoY)
Azure Synapse :6,190社 (+25.2% YoY)
Snowflake (S-1) :3,117社 (+101% YoY)

Snowflakeは顧客企業数においてはまだスケールが小さいものの、顧客数の成長率がYoY+101%と圧倒的に競合よりも大きいことが分かります。


売上成長率はSaaS企業としてはトップクラスの121%

画像3

SnowflakeのS-1に、1四半期ごとの売上が開示されています。

2021年度第2四半期の売上は、$133M(約133億円)となっており、この直近の四半期の数字を元にARR(年間経常売上)に換算すると$542M(約542億円)となります。この売上規模でYoY +121%となっているのは、驚異以外の何ものでもありません。

SaaSの中では、音声/動画APIを運営する「Agora」に次ぐ成長スピードです。ただし、AgoraはARRが$142M(142億円)程度と規模が大分小さいため、Snowflakeは収益性と成長率の両方において目覚ましい実績を上げていることが分かります。

記事後半では、さらに「40%ルール」や「Net Dollar Retention(1年前に獲得した顧客からの売上成長率)」などの指標を使ってSnowflakeを深掘りしていきます。

この記事は、超成長企業のビジネスモデルを知りたい方、SaaSに詳しくなりたい方に最適な内容になっています。

---------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4本程度の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・「40%ルール」も余裕でクリア
・Net Dollar Retentionは驚異の●●%
・ACV(顧客あたりの年間売上)が$●●k/年と非常に高い
・Payback Periodは●●ヶ月: ACVが大きい割には短い
・唯一の懸念: ●●が約●●%とSaaSに比べて低い
・まとめ

この続きをみるには

この続き: 3,191文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
毎月、4〜8本程度の有料ノートをお届けします。月に2本以上読むなら、月額マガジン購読の方がお得です。さらに、初月は無料!

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることをお届けします。

毎月、4〜8本程度の有料ノートをお届けします。個人だけでなく、御社内で同僚の方に転送・回し読みしたい方は法人用を購入してください。

「決算が読めるようになるマガジン」と同内容の法人用です。転送・回し読みしたい方向けです(社内限定)。

または、記事単体で購入する

Q. 超大物SaaSのSnowflakeがIPO。売上成長率は何パーセント?

決算が読めるようになるノート

500円

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
38
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

こちらでもピックアップされています

決算が読めるようになるマガジン
決算が読めるようになるマガジン
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることをお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。