見出し画像

Q. 本田圭佑氏出資の「プログリット」、継続的に売上を伸ばす仕組みは何か?

新着記事をTwitterでお届けします。下記URLからご登録ください。
Twitter: https://twitter.com/irnote

----------------------------

ヒント: 現状は●●利用が半分以上なので、今後は●●に注力

この記事はhikoさん(企画・リサーチ担当)との共同制作です。

画像1

英語コーチングサービスを提供する株式会社プログリットの東京証券取引所への上場が発表されました。上場予定日は2022年9月29日です。

広告塔にもなっている本田圭佑さんが1.6%出資をしていることでも注目されていますが、もう一つの話題はスピード上場です。2016年9月の設立から僅か6年での上場が予定されています。

短期間でどのように急成長したのか、英会話というレッドオーシャンな市場での独自のビジネスを解説します。


プログリットの事業概要

画像2

プログリットは「世界で自由に活躍できる人を増やす」をミッションを掲げ、顧客である学習者に専任のコンサルタントがついて、短期間で英語力を伸ばす英語コーチングサービスを主に提供しています。主力のプランは3か月間で約55万円です。

従来の英会話サービスはコンテンツやレッスンの提供に重きを置いているのに対し、プログリットの英語コーチングサービスは、コンテンツの提供に留まらず、ユーザーに応じた最適な学習方法を選択してくれる点と、学習継続支援が付加価値です。

学習効率の向上によって、短期間でも成果を出すことができると考えられています。英会話以外の領域でもコーチングの有効性が昨今ビジネス業界では話題ですが、プログリットはコーチングを活かした英語領域でのトップランナーといえるでしょう。


マッキンゼーから英会話に至った起業ストーリー

代表取締役社長の岡田祥吾​​氏は元マッキンゼーのコンサルタントでした。

岡田氏の父親が経営者だったこともあり、いずれ起業したいと考えていた岡田氏は、ビジネスを習得するために3年間でマッキンゼーを退職すると決めて入社しています。

マッキンゼーで習得した「インパクトドリブン」と「論理思考」は、プログリットの経営に大きく影響しているそうです。

当初は家事代行サービスで起業しようとしましたが、資金調達を出来ず断念したという背景があり、お金儲けばかり考えていた、という反省をした経験もあるそうです。

この反省から、お金儲けという観点を一旦排除して、自分が最もすべきことは何かを突き詰めて考えた結果、英会話という事業テーマにたどり着いたといいます。

共同創業者の山碕​​俊太郎氏と議論を重ね、2016年に株式会社GRIT(現プログリット)を起業しています。


プログリットのサービスポートフォリオ

画像3

提供サービスは2つで、英語コーチングサービスの「プログリット」と、サブスクリプション型英語学習サービスの「シャドテン」があります。両サービスともに個人だけでなく、法人向けにも提供しています。

プログリットには「ビジネス英会話コース」「TOEIC® L&R TESTコース」「初級者コース」「TOEFL iBT®TEST/IELTSコース」の4コースがあります。期間とコースによって多少価格は上下しますが前述の通り、3か月間で約55万円と決して安くはない価格帯です。

画像4

シャドテンは、当初はプログリット卒業生向けのサービスでしたが、2020年6月から一般向けに月額21,780円で提供を開始しています。

はじめにレベルと目的に合わせた課題を選択し、1日30分程度シャドーイングの英語学習を継続し、その音源をもとにアドバイザーからフィードバックが貰えるというものです。
実は、プログリットは英会話コーチングサービスとして成長してきましたが、直近はシャドテンの継続課金サービスが成長のドライバーとなっています。

ここまで記事の前半ではプログリットの会社概要、起業ストーリー、ビジネスの特徴をご紹介しました。

記事の後半では業績を確認したあと、他社との違いやプログリットがここまで短期間で成長することができた理由を紐解きます。

この記事は、プログリットに関心のある方、英語学習サービスに関心のある方に適切な内容となっています。

----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、初月無料の有料マガジンをご購入ください。

有料マガジンは、無料期間終了後、月額1,000円となりますが、1ヶ月あたり4〜8本程度の有料ノートが追加されるため、月に2本以上の記事を読む場合には、マガジン購読がお得です。

月末までに解約すれば費用はかかりませんので、お気軽に試してみてください。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・本田圭佑氏出資の「プログリット」、継続的に売上を伸ばす仕組みは何か?の答え
・業績
・他社との違い
・プログリットが急成長した理由
・まとめ

----------------------------

ここから先は

2,351字 / 5画像

¥ 500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

ツイッターで決算に関する情報を発信しています。ぜひフォローしてください!