見出し画像

ZOZOTOWNの「ツケ払い」が凄い件(推計月間●億円も利用)

ZOZOTOWNを提供する株式会社スタートトゥデイの2016年10月から12月期の決算が発表になりました。

■株式会社スタートトゥデイ 平成29年3月期 第3四半期決算説明会資料 (2017年1月31日発表)

誰が見ても絶好調と言える決算内容です。

商品取扱高は前年同期比+38.3%の616億円。売上高が221億円、営業利益は前年同期比+83.8%の87億円と非常に高い成長率を見せています。

四半期ベースでの売上、取扱高を見ると明らかに成長のスピードが加速しているということがわかると思います。

今日のnoteではどういった要因で成長が加速しているのか、ということを少し推測してみたいと思います。

スタートトゥデイは2016年の11月1日から「ツケ払い」というサービスを始めました。

決算の質疑応答でその「ツケ払い」がどの程度、取扱高の増加に寄与したかという点は開示されていません。

■平成29年3月期第3四半期 決算説明会 Q&A集

質問「ツケ払い」「買い替え割」の利用率について教えてほしい。
回答:こちらは非開示とさせていただきます。

他方、ある程度は公開されているデータから推測可能なので、推測してみたいと思います。

スタートトゥデイのこの「ツケ払い」というサービスは、ECとFinTech(Fintech=金融×IT)の融合という意味で非常に興味深いケーススタディになると思います。

EC事業を展開されている方、あるいはFinTech事業を展開されている方にとって非常に勉強になるケースだと思いますので詳細は以下をご覧いただければと思います。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・「ツケ払い」とはどんなサービスなのか
・「ツケ払い」は年利●%の●●と同じ
・「ツケ払い」は月間●億円のペースで利用されている(推定)
・「ツケ払い」のリスク

----------------------------

この続きをみるには

この続き:2,767文字/画像6枚
記事を購入する

ZOZOTOWNの「ツケ払い」が凄い件(推計月間●億円も利用)

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
55
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。