人工知能で「お金がお金を増やす」ロボ・アドバイザー

何だか金融商品の宣伝のようなタイトルですが(汗)、そういう怪しい記事ではありませんのでご安心を。ただし、いろいろ主観が多く混じった記事であること、知っている人は何を当たり前のことを書いているんだ、という内容かもしれないことをご理解いただきたく思います。

アメリカに住んでみて、日本と一番違うなぁと感じているのは、少しずつだけどインフレになっている国だという当たり前の事実でした。

インフレであるためか、お金を正しく運用するとしっかりリターンが出る、というのが、日本のゼロ金利世代としてで育った僕には大きく欠落している感覚でした。

日本だと、銀行にお金を預けておくと、金利がほとんど付きません。最近はマイナス金利になっているため、個人の預金はマイナス金利にはなっていないとは言え、金利が淋しいです。

アメリカでも銀行に預けるだけだとさほど金利は付かないのですが、アメリカには、銀行にお金を預ける以外にも、お金がお金を増やす多くの手段があることに気づきました。

もちろん、日本でも、自分で株を買ったり、FX投資をしたり、いろいろ出来るかと思いますが、それはとてもリスクが高くて、普通の人がやると火傷をする可能性がありますね。

今日のお話は、そういった「素人の博打投資」ではなくて、「プロによる金融工学に基づいた資産運用」の話です。


お金がお金を産む世界

多くの人は、中学校くらいの時に「金利」という概念を学校で習ったはずです。他方、僕なんかは、ずっとゼロ金利で育っているので、お金がお金を産むという実感がないまま、育ってきてしまいました。

アメリカに来て、401k(確定拠出年金)をはじめてみて、驚いたのは「お金がお金を産む世界」が実在するということです。

過去30年間の平均で、債権は平均年率7%株式は平均年率11%で運用されてきているそうです。7%-11%の複利でお金が回るというのは、日本で育った僕の感覚だと信じられない話でした。


----------------------------

ここから先は、有料コンテンツになります。このノート単品を500円、あるいは、月額1000円のマガジンをご購入ください。有料マガジンは、1ヶ月あたり4〜8本の有料ノートが追加される予定です。

マガジンは初月(=今月末まで)無料です。今月末までに解約すれば費用はかかりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・ロボ・アドバイザーとは何か
・主要なロボ・アドバイザー会社
・なぜロボ・アドバイザーが流行っているのか

----------------------------

この続きをみるには

この続き:1,923文字/画像3枚
記事を購入する

人工知能で「お金がお金を増やす」ロボ・アドバイザー

決算が読めるようになるノート

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくよりも、Amazonで本のレビューを書いていただける方が助かります。↑のリンクより是非レビューをお願いします!

嬉しいです!(文末にある)LINEの友達申請もお願いします!
16

決算が読めるようになるノート

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方になるべく分かりやすく書きます。

【法人用・転送可】決算が読めるようになるマガジン

「決算が読めるようになるマガジン」と同内容の法人用です。転送・回し読みしたい方向けです(社内限定)。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

お金のデザインの「THEO」を使ってみているんですが、手数料が「投資一任契約に関する投資一任運用報酬は預かり資産の円貨換算時価残高に対して最大1.08%(税込・年率)を乗じた金額となります。」なのでちょっと高いんですね

https://theo.blue/policy/cost-risk
なるほど。日本は1%取るんですね... アメリカのロボアドバイザーは0.25%くらいなので、圧倒的に手数料安いです。。。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。